アーセナルとエバートンがバルセロナFWに興味か

「SPORT」によると、アーセナルは冬の移籍市場でフィリペ・コウチーニョ獲得に動く可能性がある模様です。

 

同報道によると、バルセロナの新監督であるシャビは、コウチーニョを余剰戦力とみなしたようで、冬の移籍市場での売却を希望してるといいます。

 

そんな彼には、アーセナル、エバートン、ニューカッスルが興味を示してるといいますが、コウチーニョ自身はニューカッスルへの加入には関心がないようなので、2チームでの争いとなります。

 

また、コウチーニョの代理人が、過去にウィリアン、セドリック・ソアレス、ダビド・ルイスなどを連れてきた人物であることから、アーセナルが有利になるだろうとのこと。

 

なお、コウチーニョは今シーズン、16試合に出場して2ゴールを記録しています。

(HITC)

タイトルとURLをコピーしました