アーセナルアカデミーの逸材18歳に多くのクラブが興味

報道によると、アーセナルはチェルシーやドイツの複数クラブから興味を持たれているKhayon Edwardsの維持に苦労している模様です。

アーセナルの魅力の1つとして、優秀なアカデミーが挙げられます。近年の卒業生だけでも、ブカヨ・サカ、エミール・スミス・ロウ、フォラリン・バログンがおり、とくにサカとスミス・ロウは今やチームに欠かせない存在となっています。

 

そして、またもやアカデミーから新たな有望選手が登場しているようで、18歳のKhayon Edwardsは、今シーズン9ゴール4アシストを記録しており、コーチ陣から高い評価を受けているとのこと。

 

しかし、「DailyMail」によると、アーセナルは彼の維持に苦労しているようで、奨学金の最終年である今期、通常このタイミングでプロ契約を結ぶとのことですが、彼の場合はまだ条件に合意していないといいます。

 

Khayon Edwardsには、チェルシーをはじめ、ドイツのRBライプツィヒ、ボルシアMG、レバークーゼンなどが興味を示しているようですが、果たして去就は…

(teamtalk)

タイトルとURLをコピーしました