アーセナル:ブラジル代表FW「ガビゴル」に興味か

「90min」によると、アーセナルはブラジルのフラメンゴに所属する「ガビゴル」ことガブリエル・バルボーザ(25)に興味を示している模様です。

 

アーセナルは現在、新しいストライカーを探してるといわれており、スポーツディレクターのエドゥは、より詳しいとされるブラジルの市場に目を向け、ガブリエル・バルボーザに注目しているとのこと。

 

ガビゴルはガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)らとともに、10代の頃から注目されていた選手ですが、2016年に加入したインテル、そしてベンフィカ(2017年)では結果を残せず、2018年にブラジルへと復帰。

 

それでも復帰後は再び調子を取り戻し、定期的にブラジル代表にも呼ばれるほどまでに成長。今シーズンはリーグ戦11ゴール5アシスト(16試合)をマークしています。

 

彼自身もプレミアリーグの舞台に興味を持っているといい、幼い頃はティエリ・アンリのファンだったと語っていることから、アーセナルが多少有利になる可能性もあります。

 

なお、ニューカッスルなども獲得を狙っているというガビゴルに対しては、3000万ポンド(約45億円)以上の移籍金が必要になるだろうとのことです。

(tbrfootball)

タイトルとURLをコピーしました