アーセナルがブライトンMFに再び興味か

「Fichajes」によると、アーセナルは再びイヴ・ビスマに興味を示している模様です。

 

ブライトンに所属するビスマは、過去2年間のクラブでのパフォーマンスにより、現在プレミアリーグで最も需要の高いMFの1人となっています。

 

彼には、アーセナル以外にもマンチェスター・ユナイテッドやリバプールが興味を示しているようで、特にリバプールはワイナルドゥムの代わりとして、1月にオファーをかける可能性があるとのこと。

 

現在のガナーズは、グラニト・ジャカ、トーマス・パーティ、アルバート・サンビ・ロコンガなど、中盤の人数が足りてるようにも感じますが、アルテタ監督はトーマス・パーティの理想の相棒としてビスマに目を付けているといいます。

 

なお、ビスマ自身は子供時代にファンだったというアーセナルを選ぶ可能性がある一方で、チャンピオンズリーグに出場したいという気持ちからリバプールを選ぶ可能性もあるとのこと。

(thehardtackle)

タイトルとURLをコピーしました