ヴィラ監督:スミス=ロウの関心認める

「Football.london」によると、アストン・ヴィラのディーン・スミス監督はアーセナルのエミール・スミス=ロウを絶賛し、夏のオファーを認めているようです。

 

アストン・ヴィラは、夏にスミス=ロウに対して2度のオファーを提示し、2回目は3000万ポンド(約47億円)ほどの金額を用意していたといわれていますが、アーセナル側が即座に却下し、この交渉は破断しています。

 

今週アーセナルと対戦予定のアストン・ヴィラのディーン・スミス監督は、試合前の会見でこの話題について尋ねられた際、こう答えたとのこと。

(ディーン・スミス)

「彼はアーセナルに残ることを決めた。彼は優れた選手であり、我々はこのクラブにそのような選手を求めている。」

 

スミス=ロウ自身も、最近アーセナルで長期契約を結んだことについて尋ねられ、こう回答しています。

(スミス=ロウ)

「僕も家族も本当に幸せだったんだ。それは僕にとって最も重要なこと。

(怪我やローンなどで)難しいシーズンもおくったが、アーセナルが僕の将来を約束してくれることを本当に嬉しく思っている。

あまりプレッシャーをかけすぎるのは好きではないが、私やチームにとってもビッグなシーズンになると確信しているよ。」

 

なお、スミス=ロウは移籍騒動があった直後に、クラブと2026年までの長期契約を結んでいます。

(Football.london)

タイトルとURLをコピーしました