アーセナルとスパーズがバルセロナFWに興味か

「Daily Star」によると、トッテナム・ホットスパーとアーセナルは、バルセロナに所属するフィリペ・コウチーニョに興味を示している模様です。

 

2018年にリバプールからバルセロナに加入したコウチーニョですが、ここまで期待に見合う活躍をみせることができず、クラブは放出を考えているとのこと。

 

そこで興味を示したのが、アーセナルとトッテナムだといわれており、両チームは1月にローンでの獲得を検討しているといいます。

 

バルセロナのロナルド・クーマン監督はコウチーニョを評価してるといいますが、そのクーマンの去就が怪しい状況になっているので、もし解任された場合はほぼ確実に彼も放出されるだろうとのこと。

 

コウチーニョは2018年に1億3500万ユーロ(約175億円)でバルセロナに加入。ここまで公式戦通算93試合に出場しており23ゴールを記録しています。

(tothelaneandback)

タイトルとURLをコピーしました