A・M・ナイルズがクラブ退団を希望、エバートンが興味か

今年の夏にアーセナルのエインズリー・メイトランド・ナイルズへのオファーを却下されたエバートンですが、1月にもう一度アプローチする準備ができている模様です。

 

昨シーズンの冬をウェストブロムで過ごしたメイトランド・ナイルズは、アーセナルに復帰して以降、出番が激減しています。

 

「ESPN」によれば、今夏エバートンが買い取りオプション付きのローン契約でオファーを提示したといいますが、それをクラブが却下。

 

しかしエバートンは諦めることなく、1月にも再アプローチをするだろうとのことで、彼自身も出場機会を求めて移籍を希望しているといいます。

 

そんな状況を受けたアルテタ監督は、ナイルズと話し合いを設けたといいますが、彼は依然としてクラブ退団を希望しているようです。

 

なお、彼はクラブとの契約が2023年までとなっているので、退団を希望しているのであれば、より移籍金を受け取れるように早めの放出が必要になってきます。

(Metro)

タイトルとURLをコピーしました