マンUと争奪戦?アーセナルが21歳フランス人MFに興味

マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルは、マルセイユに所属するブバカル・カマラに興味を示している模様です。

 

「Fichajes」からの独占レポートによると、現在21歳のカマラは来シーズンにクラブとの契約が満了しますが、今のところは契約を延長する気配が全く感じられないとのこと。

 

これは来シーズンにフリーで獲得できるチャンスであり、多くのヨーロッパのクラブが彼に興味を示してるといいます。

 

現在噂にあがっているのは、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、セビージャの3クラブといわれており、この夏にはウルブスも獲得に動いていたといいます。

 

一方でマルセイユは、引き続き契約延長に動くだろうと予想されますが、このまま拒否され続けた場合は、移籍金が発生する1月の段階で彼の売却に動く可能性があるとのことです。

 

カマラは現在クラブの公式戦通算125試合に出場している経験豊富なプレイヤーで、昨シーズンのリーグ戦でも35試合に出場。「Transfermarkt」による市場価値も3700万ユーロ(約48億円)の評価がついています。

(The hard tackle)

タイトルとURLをコピーしました