チェルシー戦の結果を受けたリバプールがMFの獲得に興味?

「Paisleygates」によると、リバプールはサンプドリアに所属するミッケル・ダムスゴーアに興味を示してる模様です。

 

リバプールのクロップ監督はチェルシー戦での結果を受け、チームにチャンスメイカーが必要だと感じたようで、デンマーク代表のダムスゴーアに注目しているとのこと。

 

実際にチェルシー戦では、前半に相手DFのリース・ジェームズが退場したことで数的有利の状況をつくれていましたが、相手の引いた守備を崩すことができずに結局1対1のドローで終わっています。

 

ダムスゴーアは現在21歳の選手。ユーロ2020ではデンマーク代表として5試合に出場し、2ゴール1アシストを記録するなど、チームのベスト4進出に大きく貢献しています。

 

そんな彼にはリバプール以外にもリーズ・ユナイテッドが興味を示しているようで、この夏争奪戦が行われる可能性があるとのこと。

 

なお、2024年までサンプドリアと契約を結んでいるダムスゴーアに掛かる費用は、約3000万ポンド(約45億円)といわれています。

(Paisleygates)

タイトルとURLをコピーしました