右SB望むアーセナル:スパーズも狙うブラジル代表DFに注目か

「The Telegraph」によると、トッテナムとアーセナルはバルセロナに所属するDFエメルソン・ロイヤルに興味を示している模様です。

 

エメルソンは現在22歳の右サイドバックプレイヤー。アトレチコ・ミネイロでの活躍が目に留まり、2019年にバルセロナとレアル・ベティスの共同契約の一環として2年間ベティスに加入。

そしてベティスでも活躍したことを受けて、バルサが今夏600万ユーロ(約7億円)の買い取りオプションを行使して完全移籍で獲得しています。

 

そんな加入したばかりの彼ですが、アーセナルとトッテナムが狙っているといい、スパーズに関してはすでにオーリエとのトレードオファーを提示したといわれています。

 

一方でアーセナルも、ベジェリンとのトレードを検討しているようで、エメルソンが無理ならアトレティコ・マドリードのキーラン・トリッピアーにもオファーを提示する準備ができているといいます。

 

なお、アーセナルとトッテナムはエメルソンだけでなく、同じくバルセロナに所属するイライシュ・モリバにも興味を示しているとのことです。

(tbrfootball)

その他のゴシップチェック↓↓

タイトルとURLをコピーしました