チェルシー:サウール獲得に向け交渉を開始

ゴシップ

「Metro」によると、アトレティコ・マドリードのサウール・ニゲスを巡る契約で、チェルシーがマンチェスター・ユナイテッドを抜き、一歩リードした模様です。

 

アトレティコは今夏、サウールがクラブを離れることを許可したようで、彼にはマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが注目しているといわれています。

 

今週初めの報道では、MFの獲得を熱望しているスールシャール監督がサウールとの契約に動いていると報じられていましたが、「The Telegraph」によれば、チェルシーはアトレティコと交渉を開始したようで、買い取りオプション付きのローン契約のオファーを提示したと主張しています。

 

しかし、チェルシーは現在中盤の選手が飽和状態なので、まずはロス・バークリー、ティエム・バカヨコ、ダニー・ドリンクウォーターを放出する必要があるとのこと。現在この中で放出の噂がある選手は、バカヨコのみで他の2選手はまだ放出先が見つかっていません。

 

一方でチェルシーと同じく、サウール獲得に動くと予想されたマンチェスター・ユナイテッドですが、スールシャール監督はインタビューで今の戦力に満足していると語っています。

(オレ・グンナー・スールシャール)

「もちろん、何かが起こった場合、それはボーナスとなる。

我々は非常に良い市場を過ごした。2人の素晴らしい選手を連れてこれたからね。ヴァランは我々を大いに持ち上げ、サンチョはどんどん良くなっていくだろう。」

(Metro)

タイトルとURLをコピーしました