プレミア注目情報:レナト・サンチェス、シェイク・ドゥクレ

まとめ

リバプール、レナト・サンチェスに45億円を準備

ポルトガルの「Correioda Manha」によると、リバプールは、レナト・サンチェスに2960万ポンド(45億円)を準備している模様です。

 

日曜日にアスレティック・ビルバオとプレシーズンマッチを終えたリバプール。1対1と白熱した戦いだったものの、最も注目を集めたのは、試合後のユルゲン・クロップ監督の記者会見でした。

「チームには非常に満足しているが、市場を見ないという意味ではない。

でも、自分のチームや選手にはとても満足しているよ。

移籍期間が終了するまでは何かが起こるかもしれないが、現時点ではそれについて何も言えない。」

 

リバプールは、この夏イブラヒマ・コナテを獲得したのみで、他クラブに比べると、比較的静かな移籍市場を過ごしています。

 

しかし、ポルトガルの「Correioda Manha」は、リバプールがレナト・サンチェスに2960万ポンドの料金を準備していると主張しています。

 

なお、獲得の前にまずは自チームの選手を放出する必要があるようで、今噂に挙がっているのは、ディヴォック・オリギとジェルダン・シャキリです。

(anfieldcentral)

アーセナル、パーティの控えにランスMFに注目

アストン・ヴィラが狙っているというランスの21歳MFシェイク・ドゥクレに、アーセナルも興味を示し始めた模様です。

 

アーセナルはこの夏、すでにアンデルレヒトからアルバート・サンビ・ロコンガと契約し、グラニト・ジャカの残留も濃厚となったので、MFの選択肢は豊富かとも思われましたが、トーマス・パーティがプレシーズンマッチで負傷し、開幕3試合を欠場することが濃厚なことを受け、ミケル・アルテタ監督は、新たなMFの補強を求めているといいます。

 

「Goal」によれば、アルテタ監督は、パーティのバックアッパー的存在になるドゥクレの獲得を熱望していると主張。しかし、アストン・ヴィラとアタランタは数週間前から彼について連絡を取り合っているといいます。

 

なお、ランスは、彼について1270万ポンド(約19億円)を望んでいるといい、どのクラブもすぐに出せる金額なだけに、獲得を望むなら急ぐ必要があります。

(Express)

タイトルとURLをコピーしました