プレミア注目情報:リオネル・メッシ、タミー・エイブラハム

まとめ

チェルシー、メッシ争奪戦参加へ

FCバルセロナの退団が決定したリオネル・メッシに、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティが興味を示しているといいますが、チェルシーもこの争奪戦に参加する可能性がある模様です。

 

メッシは2026年までバルサと契約を結ぶことが濃厚で、多くの有名ジャーナリストもそう報じていましたが、ラ・リーガが規定するサラリーキャップ問題に引っかかり、退団することが決定しました。

 

そんな彼にマンチェスター・シティとパリ・サンジェルマンが連絡を取ったといいますが、スペインの「As」によると、チェルシーのオーナーであるロマン・アブラヒモビッチ氏は、クラブ内で緊急会議を要請したといい、獲得レースに参加する意向を示しているとのこと。

 

現在チェルシーは、インテルに所属するロメル・ルカク獲得に向け、大金を用意していると報じられていますが、もし彼が獲得できなかった場合、メッシの獲得に向けて全力で取り組むだろうといわれています。

 

また、アブラモビッチ氏は、マンチェスター・シティがジャック・グリーリッシュに1億ポンドを費やしたことを受け、シティにメッシを雇う余裕がないと考えているようで、実質パリ・サンジェルマンとの1対1で勝負になると考えているとのこと。

 

なお、メッシは、ネイマールやディ・マリアなど、パリ・サンジェルマンに多くの友達を抱えているので、チェルシーが彼を獲得するのは非常に難しいとされています。

(livesoccertv)

アーセナル、エイブラハムにオファーへ

プレミアリーグのトップ4の座を取り戻したいアーセナルは、攻撃陣の改善が必要と感じているようで、チェルシーに所属するタミー・エイブラハムに強い関心を示している模様です。「The Telegraph」が報じています。

 

チェルシーは、ロメル・ルカク獲得のための資金集めとして、エイブラハムの売却に前向きのようで、3400万ポンド(約52億円)程のオファーであれば、放出するだろうとのこと。

 

現在23歳の彼は、トゥヘル監督から干されていますが、18/19シーズンにローンで加入したアストン・ヴィラでは40試合で26ゴールを記録し、その翌年に戻ったチェルシーでは、34試合で15ゴールを記録するなど、結果はきちんと残しています。

 

そんな彼には、アストン・ヴィラなども興味を示しているといいますが、エイブラハムは幼少時代にアーセナルファンだった模様で、それが交渉に有利に働く可能性があるとのこと。

 

なお、昨シーズンのプレミアリーグで22試合に出場したエイブラハムは、6ゴール2アシストを記録しており、現在の市場価値は3800万ユーロ(約49億円)となっています。

(fresharsenal)

タイトルとURLをコピーしました