プレミア注目情報:ハーランド、エイブラハム

まとめ

チェルシー、ハーランド獲得に巨額を用意

「Football Insider」によると、ハーランドの獲得を狙っているというチェルシーは、驚異の1億3000万ポンド(約200億円)を用意してる模様です。

 

今夏、フォワードの選手の補強に動いているというチェルシーは、ハリー・ケインやロメル・ルカクにも興味を示していましたが、どうやらハーランドをトップターゲットにした模様です。

 

ドルトムント側は、この夏ジェイドン・サンチョをマンチェスター・ユナイテッドに売却したので、ハーランドの売却には前向きではないとされていますが、実際に1億3000万ポンドのオファーが来た場合、断るのは難しいだろうとのこと。

 

なお、この取引が成立した場合、マンチェスター・ユナイテッドが2016年に記録した移籍金記録(ポグバの獲得に9450万ポンド)を大幅に更新し、プレミアリーグレコードとなります。

(givemesport)

アーセナル、エイブラハムに大幅昇給を用意

「Express」によると、アーセナルは、チェルシーのタミー・エイブラハムに興味を示しており、彼個人が要求する金銭面などの条件に同意する準備ができている模様です。

 

報道によると、ミケル・アルテタ監督がエイブラハムの獲得を熱望しているようで、彼が要求する週給12万5千ポンド(約1900万円)という条件にサインする準備ができているとのこと。

 

エイブラハムは、現在チェルシーで週に8万ポンド(約1200万円)を受け取ってるといわれているので、約700万円の週給アップになります。

 

しかし、問題点はクラブ間合意であり、チェルシーは4000万ポンド(約60億円)を希望しているようです。

 

この金額は、アーセナルが用意してる金額をはるかに上回っているようで、チェルシー側が値下げをしない限りは、獲得の可能性はないようです。

 

なお、エイブラハムにはアストン・ヴィラやウェストハムも興味を示しているとのこと。

(express)

タイトルとURLをコピーしました