アーセナル注目情報:アウアー、オコンクウォ(7月10日)

まとめ

アウアー:アーセナルへの移籍噂を否定

アーセナルへ移籍間近なのでは?と噂されるリヨンのMFフセム・アウアーですが、自身のSNSでこの移籍噂を否定しています。

 

フランスの報道によると、アーセナルがリヨンに1700万ポンド~2140万ポンドの間でオファーを提示し、アウアーもトレーニングを休んだと主張。

 

その後、アーセナルファンによって、彼の兄弟かつ代理人を務めるブラヒム氏がロンドンにいることが発見され、移籍間近なのでは?という憶測が広がっていました。

 

しかし、アウアー本人がInstagramでこの噂を否定しています。

(フセム・アウアー)

「彼は私の本当の兄弟ではなく、親友の1人だよ。ちなみに代理人でもない。」

 

「Football London」によると、この否定は、夏に移籍しないことを語っているも同然だと主張しており、ほぼ可能性が消滅したとのこと。

 

アーセナルは、この夏ずっとクリエイティブなMFを探しており、先月エミ・ブエンディアの争奪戦に敗れていましたが、どうやらアウアーの獲得も失敗に終わりそうな予感です。

(Football London)

将来有望のGKと長期契約

アーセナルに所属するアーサー・オコンクウォは、クラブと新たに長期契約を結び、トップチームに加わりました。

 

彼は現在19歳のゴールキーパーで、過去数シーズンの安定したパフォーマンスにより、昨シーズンはクラブの第3GKとして定期的にトップチームの練習に参加していました。

 

将来のクラブのGKとして期待される彼ですが、今回の長期契約に喜びのコメントを残しています。

(オコンクウォ)

「私はとても興奮している。再びトレーニングを受けるのが待ちきれないよ。

先週までは、トップチームに昇格することすら想像できなかったので、これは私にとって大きなプッシュであり、新しい挑戦だ。非常に興奮しているよ。」

(Arsenal)

タイトルとURLをコピーしました