プレミア注目情報:リバプール、アーセナル

まとめ

リバプールが再びトラオレに興味

サラーとマネのバックアッパーの獲得を検討しているというリバプールは、ウルブスのアダマ・トラオレに興味を示している模様です。

 

2020年からトラオレに関心を示しているというリバプールですが、その際は高額な移籍金を要求されたこともあり、結局獲得できず、代わりとしてディオゴ・ジョッタに署名しています。

 

しかし、「Football Insider」によると、クラブは再び彼に注目したようで、すでに連絡を取っているとのこと。

 

同報道によると、ユルゲン・クロップ監督がトラオレとジョッタのコンビを組むことに熱心であると主張しています。

 

なお、ウルブス側はジョッタの移籍金と同額の4500万ポンド(約68億円)を要求する構えを見せているといいます。

(paisleygates)

アーセナルがホワイトと個人的合意!

イタリアの有名ジャーナリストであるFabrizio Romano氏によると、アーセナルはブライトンのDFベン・ホワイトと個人的な条件で同意した模様です。

 

彼は水曜日にTwitterで

(Fabrizio Romano)

「アーセナルはまだ自信を持っており、ベン・ホワイトの契約を完了するために取り組んでいます。個人的な条件はすでに合意されています」

と語っています。

 

残すは、クラブ間合意のみとなっているアーセナルですが、彼にはチェルシーやマンチェスター・シティも興味を示しているというので、急いで取りかかる必要があります。

 

なお、現在23歳のベン・ホワイトは「Transfermarkt」によって2800万ユーロ(約36億円)の市場価値が付いています。

(thesporteview)

タイトルとURLをコピーしました