プレミア注目情報:グリーリッシュ、キーラン・ティアニー

まとめ

マンC:グリーリッシュにプレミアレコード用意

報道によると、マンチェスター・シティは、アストン・ヴィラのジャック・グリーリッシュ獲得に興味を示しているようで、プレミアリーグレコードとなる金額を用意している模様です。

 

マンチェスター・シティは、20/21プレミアリーグのタイトルを獲得しましたが、クラブ初の優勝が懸かったチャンピオンズリーグでは、決勝戦でチェルシーに敗れたため、さらなる強化をする必要を感じているとのこと。

 

現在、トッテナム・ホットスパーのハリー・ケインをトップターゲットとしていると報じられるクラブは、同時にグリーリッシュの獲得にも動いているようで、1億ポンド(約150億円)程の移籍金を支払う準備ができているとのこと。

 

この金額は、2016年にマンチェスター・ユナイテッドがポール・ポグバ獲得の際に支払った8900万ポンドを上回るプレミアリーグレコードとなります。

 

グリーリッシュの放出に消極的であるというアストン・ヴィラですが、この状況ではさすがに首を横に振ることは難しいと考えられ、選手自身もチャンピオンズリーグでのプレーを希望しているというので、シティからのオファーを認める可能性があります。

 

なお、アストン・ヴィラはノリッジ・シティから、プレイメイカーのエミ・ブエンディアを獲得しており、多くのファンは、彼をグリーリッシュの後釜だと感じているようです。

(shoot)

アーセナル:ティアニーと長期契約締結

アーセナル公式は、キーラン・ティアニーと長期契約を結んだことを発表しています。

(アーセナル公式)

「キーラン・ティアニーは、我々と新しい長期契約を締結しました。

彼は、2019年の夏にセルティックから加わって以来、高いパフォーマンスを披露し続け、チームにとって不可欠な存在となっていました。」

(エドゥ)

「彼のプレーを見た人なら、誰でも彼が優れていることが分かるだろうが、彼は素晴らしい態度と精神を持った選手でもある。

キーランとのこの新契約は、現在と来シーズンだけでなく、長期的なビジョンでの契約であり、クラブの将来の不可欠な部分である。」

(ミケル・アルテタ)

「これは我々にとって素晴らしいニュース。監督として全員を代表して話すことは、KTと一緒に働くことを嬉しく思う。彼の質、エネルギー、コミットメント、プロ意識は試合日だけでなく、トレーニングでも常に高いレベルなんだ。

守備と攻撃の両方で力になる彼を、長期にわたって維持できることを嬉しく思う。彼はピッチの内外を問わず、チームの非常に重要な部分だからね。」

 

なお、Fabrizio Romano氏によると、アーセナルは続いてエミール・スミス・ロウとの契約延長にも動いているようで、2026年までの新契約を計画している模様です。

(tbrfootball)

タイトルとURLをコピーしました