プレミア注目情報:オタビオ、ベン・ホワイト

まとめ

リバプールがポルトのオタビオ争奪戦へ

「Correioda Manha」によると、リバプールは、ポルトに所属するオタビオに興味を示しているようで、バレンシアやフィオレンティーナと争奪戦を行う可能性があると主張しています。

 

現在26歳のオタビオは攻撃的なミッドフィルダーの選手。主に左サイドでプレーすることを好みますが、両サイドや中央の位置でもプレーが可能で、20/21シーズンは公式戦42試合に出場して5ゴール12アシストを記録しています。

 

2025年までポルトと契約を結んでいるという彼は、6000万ユーロ(約80億円)という巨額なリリース条項があるといいますが、彼が移籍を望めば、4000万ユーロ(約52億円)で獲得することが可能になるとのこと。

 

複数の報道によると、オタビオはリバプールへの移籍を望んでいるようなので、リバプールが4000万ユーロを準備すれば、この移籍は実現する可能性が高いです。

 

さて、ディフェンダーの補強(イブラヒマ・コナテ)を終えたリバプールは、次に課題とされている攻撃的な選手の獲得の為に、オタビオに3420万ポンドを支払うのでしょうか。

(paisleygates)

アーセナル:ベン・ホワイト獲得に自信

有名ジャーナリストのFabrizio Romano氏によると、アーセナルは、ブライトンのDFベン・ホワイトを獲得することに自信を持っている模様です。

 

David Ornstein氏もこの話題を取り上げており、アーセナルは4500万ポンド+活躍に応じての500万ポンドという合計約5000万ポンド(約77億円)のオファーを提示する準備ができているとのこと。

 

Romano氏によると、アーセナルとベン・ホワイトは、すでに個人的な条件では合意していると述べ、今後数日間で取引を完了させるべく最終的な金額の交渉を行っていると主張しています。

 

ベン・ホワイトは19/20シーズンにブライトンからローンで加わったリーズ・ユナイテッドで活躍し、クラブのプレミアリーグ昇格に貢献。その翌年にブライトンに復帰すると、そこでも主力として躍動し、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、リーズ・ユナイテッド、リバプール、パリ・サンジェルマンなどの多くのクラブが、彼に興味を示していました。

 

なお、アーセナルの別のターゲットであるアンデルレヒトのMFロコンガは、イタリアのアタランタからアプローチを受けたとのことですが、彼もまたアーセナルを優先したいと考えているようです。

(Fabrizio Romano)

タイトルとURLをコピーしました