プレミア注目情報:フレディ・ウッドマン、チャーラル・ソユンジュ

まとめ

チェルシーがレスターのソユンジュに興味

「The Express」によると、新しいセンターバックの獲得を検討しているというチェルシーは、レスターに所属するチャーラル・ソユンジュに興味を示しているようです。

 

過去数シーズンで、リーグ最高のディフェンダーの1人として活躍しているソユンジュは、20/21シーズンもチームのプレミアリーグ5位とFAカップ優勝に大きく貢献しています。

 

すでにプレミアリーグでの経験補豊富な彼には、チェルシー以外にもマンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているようで、この夏、争奪戦が行われる可能性があるとのこと。

 

ドイツの「Transfermarkt」は、ソユンジュを4050万ポンド(約62億円)と評価しているので、それ以上の移籍金が必要になるかもしれません。

 

なお、マンチェスター・シティで活躍するMFのギュンドアンは、過去にソユンジュをべた褒めしています。

(イルカイ・ギュンドアン)

「19/20シーズンの彼(ソユンジュ)は、プレミアリーグでファン・ダイクに次ぐ最高のパフォーマンスをみせたと思う。

マンチェスター・シティで見たいトルコ人選手について最初に頭に浮かぶのは、チャーラルだね。」

(football.london)

NUFC:ウィロック獲得にトレード提案

「the Chronicle Live」によると、ジョー・ウィロックの獲得を熱望しているというニューカッスルは、GKのフレディ・ウッドマンを取引の一部として使用することを検討している模様です。

 

ウィロックを完全移籍で獲得したいというニューカッスルですが、アーセナル側は多額の移籍金を要求しているようで、それを少しでも抑えるためにウッドマンを差し出す可能性があるとのこと。

 

フレディ・ウッドマンは、過去にアーセナルが興味を示していたGKの選手であり、20/21シーズンにローンで加わったスウォンジーでは45試合で20クリーンシートを記録し、チームの躍進に貢献しています。

 

現在もアーセナルが彼に興味を示しているかは不明ですが、将来有望なGKを移籍金なしで獲得できるのは、非常に素晴らしいオプションになる可能性があります。

 

なお、ウィロックは、冬にローンで加わったニューカッスルで14試合8ゴールと大活躍していますが、アーセナルの戦力には含まれていないようで、この夏に放出されることが濃厚となっています。

(thehardtackle)

タイトルとURLをコピーしました