プレミア注目情報:パトソン・ダカ、ベン・ホワイト

まとめ

レスター:約45億円でストライカーを獲得

夏にストライカーを探していたレスター・シティですが、どうやらザルツブルクのパトソン・ダカと契約合意に至った模様です。大手メディアが一斉に報じています。

 

レスターは、ザンビア代表ストライカーに3000万ポンド(約46億円)を支払うことでザルツブルクと合意に達したとのこと。

 

このゴシップについては、イタリア人ジャーナリストのFabrizio Romano氏も認めているので、非常に信憑性が高い情報となっています。

(Fabrizio Romano)

「パトソン・ダカはレスターに参加する予定です。公式オファーは本日ザルツブルクから承認され、来週発表する予定です。」

 

パトソン・ダカは現在22歳のザンビア代表プレイヤー。今シーズン42試合に出場して34ゴール12アシストを記録し、その活躍からリバプール、チェルシー、トッテナムも興味を示していたといいますが、どうやらレスター・シティがこの争奪戦を制した模様です。

 

なお、ダカとの契約は、クラブが長年注目していたセルティックのオドソンヌ・エドゥアールへの関心を終わらせたことを意味しているようで、新たな情報では、バルセロナのフィリペ・コウチーニョに興味を示しているとのこと。

(teamtalk)

アーセナル:ベン・ホワイトを諦めず

「Goal」によると、ブライトンのベン・ホワイトへの最初のオファーを却下されたアーセナルですが、まだ諦めていないようで、新たに改善したオファーを提示する模様です。

 

現在23歳のベン・ホワイトは、19/20シーズンにリーズ・ユナイテッドで活躍し、その翌年にローンバックしたブライトンでも重要な選手として39試合に出場。その活躍により、ユーロ2020に向けたイングランド代表にも選ばれなど、大きな成長を遂げているディフェンダーです。

 

そんな彼の獲得に興味を持ったアーセナルは、4000万ポンド(約61億円)でのオファーを提示したといいますが、ブライトン側はこれを却下したとのこと。

 

それでも諦めていないアーセナルは、新たに4500万ポンド(約70億円)でのオファーを提示する準備ができていると「Football london」が報じています。

 

なお、ブライトン側は5000万ポンド(約76億円)を求めているといわれています。

(arsenalfever)

タイトルとURLをコピーしました