プレミア注目情報:エクトル・ベジェリン、ジェイドン・サンチョ

まとめ

マンUがサンチョに120億円を準備

マンチェスター・ユナイテッドは昨年、ジェイドン・サンチョと密接に関係していましたが、ドルトムントが提示した価格を満たすことができなかったため、獲得できませんでした。

しかし、最新の情報によると、ユナイテッドはまだ諦めていないようで、数日以内にサンチョを確保するため、交渉を進めている模様です。

 

「The Athletic」によると、ドルトムントは1年前に1億1000万ポンド(約170億円)を要求してきましたが、現在は8000万ポンド(約124億円)程のオファーであれば、納得するだろうとされており、ユナイテッド側もその価格を支払う準備ができているとのこと。

 

クラブは、6月11日に始まるユーロ2020の前にサンチョの契約をまとめたいと考えているようですが、同報道によれば、大会前に契約がまとまる確率は低いと主張しています。

 

なお、1年前よりドルトムント側の要求額が3000万ポンドも減額したとされていますが、ドイツのクラブは、活躍に応じた追加料金として、2000万ポンド(約30億円)を別で要求する可能性があるといいます。

(thefaithfulmufc)

アトレティコがベジェリンに興味

「Marca」によると、アーセナルに所属するエクトル・ベジェリンに対して、アトレティコ・マドリーが興味を示している模様です。

 

キーラン・トリッピアーのプレミアリーグ復帰が近づいているというアトレティコ・マドリーは、その後任としてベジェリンに注目しているようで、その他にはパリ・サンジェルマン、ACミラン、レアル・ベティスなども彼に興味を示しているといいます。

 

現在26歳のベジェリンは、昨シーズン、カラム・チャンバースにポジションを奪われており、自分の地位を確立するのに苦労しています。よりチームの重要な選手でありたいと考える彼は、自身のキャリアを考える段階にあり、アトレティコへの移籍を希望する可能性があるとのこと。

 

なお、「Evening Standard」によると、アーセナルはすでにベジェリンの後任候補を探しており、リール所属のゼキ・セリクに興味を示しているといいます。

(sportslens)

タイトルとURLをコピーしました