プレミア注目情報:グリーリッシュ、アンドレ・オナナ

まとめ

ロイ・キーン氏がグリーリッシュを絶賛

マンチェスター・ユナイテッドのターゲットであるアストン・ヴィラのジャック・グリーリッシュですが、クラブレジェンドのロイ・キーン氏は、彼を絶賛しています。

 

水曜日に行われたイングランド代表とオーストリア代表の親善試合で、イングランド代表が勝利した後、ロイ・キーン氏はグリーリッシュを絶賛し、ロナウドがポルトガル代表に対してするのと同様の影響をイングランドに与えることができると語っています。

(ロイ・キーン氏)

「彼は純粋に質の高い選手だ。彼のプレーを見るたびに、ゲームに影響を与えている。

ジャックをスターティングイレブンから除外するのは非常に難しいと思う。彼はイングランのスターになる可能性があるからね。

彼は勇気があり、常に狭いスペースでボールを欲しがっている。ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドのようにチームにはそのような選手が必要。彼は傑出しているね。」

 

現在のマンチェスター・ユナイテッドは、ジャック・グリーリッシュだけでなく、同じイングランド代表のハリー・ケインやジェイドン・サンチョにも興味を示しているといわれていますが、クラブレジェンドは、グリーリッシュを優先して欲しいと願っているようです。

(metro)

アーセナル:オナナ争奪戦をリード

オランダの「NOS」によると、アーセナルはアンドレ・オナナ争奪戦において、1歩リードしている模様です。

 

オナナはアヤックスに所属するGKで、ここ数シーズン際立ったパフォーマンスをみせているカメルーン代表の25歳。しかし現在は、ドーピングの違反によって、2022年の2月まで試合に出場することが禁止されています。

 

そんな彼には、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンらが興味を示しているといいますが、同報道によると、アーセナルがリードしている模様で、CASの訴えの結果が判明次第、この動きは完了すると予想されています。

 

彼の移籍金についても訴えの結果次第のようで、そのまま2月までプレー禁止が認められたら、わずか200万ユーロ(約2億円)程で獲得可能だといい、上訴が成功した場合は、最大900万ユーロ(約12億円)の移籍金になるだろうと主張しています。

(thehardtackle)

タイトルとURLをコピーしました