プレミア注目情報:ラファエル・ヴァラン、ヨシップ・ブレカロ

まとめ

マンU:ヴァランをトップターゲットに

「The Daily Mail」によると、多くのCBに興味を示しているというマンチェスター・ユナイテッドですが、現在のトップターゲットはレアル・マドリーのラファエル・ヴァランの模様です。

 

レアル・マドリーとフランス代表の主力として活動するヴァランは、今シーズンは多くの試合を欠場したセルヒオ・ラモスに代わってDF陣を統率し、「WhoScored」のデータによると、1試合あたり平均1.2回のインターセプトと2.4回の空中戦を成功させています。

 

しかし、レアル・マドリー側はヴァランの放出に6000万ポンド(約93億円)程を要求しているというので、契約最終年に入るヴァランの価格をユナイテッドがどれだけ引き下げれるかが、契約の鍵になるだろうとのこと。

 

なお、「Salary Sport」によると、ヴァランはレアル・マドリーで週に19.7万ポンドの給料を得ており、この額はユナイテッドで6番目に高い給料だといいます。

(givemesport)

アーセナルが22歳クロアチア代表FW争奪戦に参戦

「BILD」によると、ヴォルフスブルクのエース、ヨシプ・ブレカロにアーセナル、エバートン、リーズ・ユナイテッドが興味を示している模様です。

 

現在22歳のブレカロは、中に切り込んでゴールを狙うことを好むため、右足のロッベンとも呼ばれている選手で、最近のウニオン・ベルリン戦ではハットトリックも達成しています。

 

そんな彼にアルテタ監督は感銘を受けたようで、エミレーツに連れてくるようクラブに伝えたと「Corriere Dello Sport」は報じています。

 

1300万ポンド(約20億円)で獲得できるだろうといわれるブレカロですが、彼にはリーズ・ユナイテッドやエバートンなども興味を示しているというので、これ以上の価格になる可能性があります。

 

なお、イングランド以外のクラブにも興味を持たれているというブレカロには、セリエAのACミラン、フィオレンティーナ、ナポリも注目しているとのこと。

(hitc)

タイトルとURLをコピーしました