プレミア注目情報:バレッラ、バストーニ、ユルマズ

まとめ

リバプールがインテルの160億円コンビに注目

「Leggo」によると、リバプールは、インテルに所属するニコロ・バレッラとアレッサンドロ・バストーニに興味を示している模様です。

 

現在24歳のバレッラと22歳のバストーニは、インテルの中心選手として活躍しており、11年ぶりのセリエA優勝に大きく貢献しています。

 

したがって、彼らには高い移籍金が必要な模様で、バレッラは約7000万ユーロ(約93億円)、バストーニは約5000万ユーロ(約66億円)の費用がかかるとのこと。

 

なお、チェルシーもニコロ・バレッラに興味を示している模様で、6500万ユーロ(約85億円)を準備しているとのことです。

トルコ代表DFがアーセナルへ逆アプローチ

「Daily Mail」によると、キーラン・ティアニーの控えを獲得したいというアーセナルに、トルコ代表DFが自ら名乗りを挙げている模様です。

 

ベシクタシュに所属するリドヴァン・ユルマズは、現在19歳ながら高い評価を受けており、クラブのシュペル・リグ優勝にも貢献している選手です。

 

そんな彼ですが、TRT Sporに、将来はアーセナルでプレーすることが目標であることを発言しています。

(リドヴァン・ユルマズ)

「私はお金を残してベシクタシュを去りたい。私の心はイギリスに賛成している。プレミアリーグのアーセナルでプレーしたい。」

 

なお、現在アーセナルが彼に対して興味を持っているのかは不明ですが、地元のファンから高い評価を受けてるというユルマズを獲得することは非常に理にかなっている可能性があります。

(tbrfootball)

タイトルとURLをコピーしました