プレミア注目情報:ゴンサウベス、ベルゲ

まとめ

リバプールがスポルティングのゴンサウベスを狙う

「paisleygates」によると、リバプールは夏に攻撃的MFの獲得を検討してるといい、スポルティングのペドロ・ゴンサウベスに注目している模様です。

 

ゴンサウベスは、マンチェスター・ユナイテッドに移籍したブルーノ・フェルナンデスの穴を完全に埋めた選手として評価されており、スポルティングの19年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献しています。

 

彼の獲得には、5160万ポンド(約80億円)のリリース条項を支払う必要があるといいますが、スポルティング側はまだ放出したくないようで、新契約の提示及びリリース条項(約100億円)の引き上げを計画しているといいます。

 

なお、現在22歳のゴンサウベスは、今シーズンのリーグ戦31試合で20ゴール4アシストを記録しています。

(paisleygates)

アーセナルが来季に向けオファーを開始

報道によると、アーセナルは来シーズンの補強に向け、最初のオファーを提示した模様です。

 

クラブは、シェフィールド・ユナイテッドのMFベルゲの獲得に向けて1720万ポンド(約26億円)のオファーを提示したといいますが、どうやら却下されたとのこと。

 

プレミアリーグ降格が決定しているシェフィールド・ユナイテッドは、ベルゲの放出は避けられないとしつつも、多くのクラブが注目しているので、それなりの価格で売れるだろうと考えている模様です。

 

なお、現在23歳のベルゲにはアーセナル以外にもACミランやエバートンが興味を示してるといい、シェフィールド側は最低でも彼を獲得する際に支払った2200万ポンド(約34億円)は回収したい考えだと予想されています。

(allarsenal)

タイトルとURLをコピーしました