プレミア注目情報:グリーリッシュ、パウ・トーレス

まとめ

ロイ・キーンが推薦するグリーリッシュ

マンチェスター・ユナイテッドは、去年の夏からジャック・グリーリッシュに注目しているようで、まだ正式なオファーはしていないといいますが、クラブレジェンドのロイ・キーンは夏にすぐ獲得すべきだと主張している模様です。

 

(ロイ・キーン)

「ユナイテッドにはまだ特別なプレイヤーが足りないように感じる。グリーリッシュならそれをチームに与えると思うし、彼もオールド・トラフォードでプレーすることを楽しめると思うよ。

ファンは彼を気に入ると思う。ジャック(・グリーリッシュ)について私が尊敬しているのは、大きな勇気を持っていること。彼は狭い場所でボールを持つことを好み、ここ1、2年でプレイが大きく改善されている。彼は優秀なプレイヤーだね。」

 

キーンはその他にハリー・ケインも獲得すべきだと主張しており、この2人を獲得するには2億ポンド(約300億円)が必要になるだろうと考えているようです。

 

スールシャール監督は、夏に守備を強化する必要があると感じているようですが、ロイ・キーンはまず攻撃を改善することが最優先事項だとアドバイスしています。

 

なお、グリーリッシュは負傷離脱により2月から試合に出れていませんが、今シーズンここまでで23試合7得点12アシストを記録しています。

(thefaithfulmufc)

パウ・トーレスを巡り争奪戦

「Calciomercato」によると、アーセナルとマンチェスター・シティなどが注目しているというビジャレアルのパウ・トーレス争奪戦にマンチェスター・ユナイテッドも加わった模様です。

 

マンチェスター・ユナイテッドは、マグワイアのパートナーを探していると度々報じられており、ジューレ・クンデやミレンコビッチなどに注目していましたが、新たにパウ・トーレスにも注目したといいます。

 

マンチェスター・シティは、一見DF陣が揃っているようにも見えますが、ナタン・アケやエリック・ガルシアの去就が不透明なため、トーレスに興味を持ったといい、アーセナルに関しては、ダビド・ルイスやウィリアム・サリバがアルテタ監督のプランに含まれていないようで、新たなDFを追加することを希望しており、スペイン代表DFに目を向けたといわれています。

 

報道では、マンチェスター・ユナイテッドがパウ・トーレス獲得に向けて既に交渉を行っていると主張していますが、現段階ではどのクラブがリードしているかは不明だといいます。

 

なお、今シーズン公式戦39試合に出場しているパウ・トーレスはDFながら3得点1アシストを記録しています。

(thehardtackle)

タイトルとURLをコピーしました