プレミア注目情報:ヴァラン、ベジェリン、エメルソン

まとめ

チェルシーがマドリーDF狙いユナイテッドと争奪戦へ

「Metro」によると、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は、レアル・マドリーに所属するDFラファエル・ヴァランとの契約に熱心だといいます。彼に対しては以前からマンチェスター・ユナイテッドも興味を示しているとの情報があります。

 

途中からチェルシーに就任したトゥヘル監督は、これまでの12試合で10のクリーンシートを達成しており、守備を大幅に改善していますが、夏にさらなる強化をすることに熱心であるといい、そこでマドリーとフランス代表で活躍するラファエル・ヴァランに注目したとのこと。

 

ヴァランは来年に契約が終了するので、フリーで失いたくないマドリー側は5100万ポンドほどのオファーがあれば、売却する可能性があるといいます。

 

一方でマンチェスター・ユナイテッドも長年ヴァランに注目しており、スールシャール監督は彼をマグワイアの理想的なパートナーとして考えているとのこと。

 

なお、同報道サイトによれば、マンチェスター・ユナイテッドが今のところヴァラン争奪戦を一歩リードしているといいます。

(weallfollowunited)

ベジェリン諦め、ベティスDFロックオン⁉

アーセナルのミケル・アルテタ監督は、どうやらベジェリンのクラブ残留をほぼ諦めており、新たな右サイドバックの選手の獲得を狙っている模様で、報道によればレアル・ベティスのエメルソンに興味を示しているといいます。

 

レアル・ベティスのリーガ5位に大きく貢献しているエメルソンは、そのアグレッシブな攻撃と堅実なディフェンス能力からNextダニ・アウベスとの呼び声も高く、将来のブラジル代表として期待されています。

 

現在エメルソンはバルセロナが保有しており、来シーズンバルサの一員として活動する可能性もありますが、報道では2150万ポンド(約32億円)ほどの移籍金なら放出する可能性があるとのこと。

 

なお、この金額は今のアーセナルにとって厳しい額であるといい、エメルソンに対してはその他にパリ・サンジェルマンも興味を示しているといいます。

(dailystar)

タイトルとURLをコピーしました