チェルシー、アーセナル、ユナイテッドがレスターFWに興味

まとめ

イヘアナチョに興味を示すビッグクラブ

「Fichajes」によれば、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドがレスターで活躍するFWのケレチ・イヘアナチョを巡って争奪戦を行う可能性がある模様です。

 

直近7試合で10得点と大活躍のイヘアナチョには、ビッグクラブがお手頃なオプションとして注目しているといい、チェルシーはエイブラハムやジルーの代わり、アーセナルはオーバメヤンの代わり、マンチェスター・ユナイテッドはカバーニの代わりとして検討しているとのこと。

 

ヴァーディの後継者として順調に活躍しているイヘアナチョですが、クラブはセルティックのオドソンヌ・エドゥアールを狙っているという情報もあるので、適切なオファーがあれば彼を売る可能性があるかもしれません。

 

なお、イヘアナチョは直近のFAカップ準決勝サウサンプトン戦でも決勝ゴールを決めており、クラブのファイナル進出に大きく貢献しています。

(shoot)

マット・ライアン完全移籍に動くアーセナル

報道によると、アーセナルは冬にローンで獲得したマット・ライアンの完全移籍を希望しているといい、事前協議を行っている模様です。

 

ブライトンが保有しているマット・ライアンは、短い期間でアルテタ監督に感銘を与えた模様で、両クラブ間はすでに合意に近づいているとのこと。

 

ブライトンは、スペイン代表のロベルト・サンチェスがいるので、ライアンが去ることに対して問題を感じておらず、ポッター監督も納得しているといいます。

 

なお、彼の移籍金については当初ブライトン側は1000万ポンドを求めていたとのことですが、もっと安い金額で合意するだろうと予想されています。

(amp.sportsmole)

タイトルとURLをコピーしました