チェルシーとアーセナルがシティDFを巡って争奪戦か

まとめ

エミ・マルティネスがステップアップ⁉

元アーセナルの選手で、今シーズンからはアストン・ヴィラに活躍の場を移しているGKのエミリアーノ・マルティネスは、どうやらその好調なパフォーマンスからマンチェスター・ユナイテッドの夏のターゲットになっている模様です。

 

エミ・マルティネスは、今シーズン14試合の無失点試合を記録しており、この記録はプレミアリーグで2番目に優れたスタッツとなっています。

 

さらに、セーブ数でも4番目に優れたスタッツを記録しており、トップ6が狙える位置にまでつけているアストン・ヴィラの主力選手として大きく貢献しています。

 

その活躍からマンチェスター・ユナイテッドが夏の移籍市場でオファーするだろうと「Football Insider」が述べています。

 

ユナイテッドは、デ・ヘア、セルヒオ・ロメロ、リー・グラント、ジョエル・ペレイラという4人のGKを今シーズン限りで放出するといい、代わりとして彼に注目したといいます。

 

なお、ユナイテッドはその他にもウエストブロムに所属するサム・ジョンストンにも注目している模様です。

(thehardtackle)

チェルシーとアーセナルがシティDFの争奪戦か

「Daily Star」のトランスファーニュースによると、チェルシーとアーセナルがマンチェスター・シティ所属のエリック・ガルシアを巡ってバトルを行う模様です。

 

シティとの契約が残り6ヶ月となっているガルシアは、このまま契約延長しなければ夏にフリーで獲得することが可能です。

 

そんな彼にCBの入れ替えを検討してるというチェルシーとアーセナルが興味を示した模様で、夏に争奪戦が行われる可能性があるとのこと。

 

地元ロンドンの報道では、現在20歳ながらすでにプレミアリーグでの経験が豊富なガルシアの獲得は、非常に魅力的なプランであることを主張しています。

 

なお、エリック・ガルシアは古巣であるバルセロナへの復帰がたびたび報じられており、Fabrizio Romano氏もほぼ確実に決まっていると発言していますが、もしかすると再び彼がイングランドでプレーする姿が見れるのかもしれません。

(astamfotdbridgetoofar)

タイトルとURLをコピーしました