アーセナルが夏にマラシアを巡り、既に交渉か

まとめ

23歳DFを巡りイングランドダービー勃発か

リバプールは、セルビア代表のDFニコラ・ミレンコビッチに興味を示しており、報道ではすでに連絡も取っているといいます。ミレンコビッチに対しては、ライバルのマンチェスター・ユナイテッドも興味を示しているといわれています。

 

現在イタリアのフィオレンティーナに所属するミレンコビッチは、イタリア国内からも人気があり、ミランやナポリも連絡を取ったといいますが、本人はプレミアリーグを希望しているのでお断りした模様です。

 

以前の報道では、マンチェスター・ユナイテッドがわずか850万ポンドで獲得間近といわれていましたが、リバプールも参戦したことでどうやら価格が上がりそうです。

 

なお、フィオレンティーナ側は夏の退団をほぼ確信しているようで、なんとか2550万ポンドを徴収できないかと考えているといいます。

(paisleygates)

アーセナルが夏にマラシアを巡り、既に交渉か

「Caughtoffside」によると、キーラン・ティアニーの控えを獲得したいと考えているアーセナルは、フェイエノールトのタイレル・マラシアに興味を示している模様です。

 

すでにクラブは交渉を開始している模様で、獲得には約800万ポンドの費用がかかるだろうとのこと。

 

アーセナルは、現在左サイドバックでファーストチョイスとなっているキーラン・ティアニーを信頼しているといいますが、度重なる負傷離脱を問題視しており、そのため控えの選手を希望しているといいます。

 

その他にもクラブは、エバートンの逸材ティエリー・スモールにも興味を示しているといいますが、現時点ではより経験が豊富なマラシアを望んでいるといいます。

(thehardtackle)

タイトルとURLをコピーしました