アーセナルがドルトムントDFの獲得を検討か

まとめ

ユナイテッドが23歳DFを格安で獲得間近⁉

マグワイアのパートナーを探しているというマンチェスター・ユナイテッドは、フィオレンティーナのニコラ・ミレンコビッチに注目している模様で、報道ではすでに交渉を始めているとのこと。

 

他にもユナイテッドは、セビージャのクンデ、ビジャレアルのパウ・トーレス、リールのボットマンにも興味を持っているようですが、わずか850万ポンドで獲得できる可能性があるミレンコビッチを優先したとのこと。

 

「Duncan Castles」によると、ユナイテッドとミレンコビッチの話し合いは順調に進んでおり、クラブは850万ポンドで獲得できると信じているといいます。

 

ミレンコビッチは、現在23歳のDFで自身のアイドルとして、ユナイテッドレジェンドのネマニャ・ヴィディッチを挙げており、今でも彼のハイライト集をチェックするほどファンであることを明かしています。

 

なお、夏にミレンコビッチを獲得した場合、クラブはエリック・バイリーを放出する可能性があることも述べています。

(metro)

アーセナルがドルトムントDFの獲得を検討か

アーセナル首脳陣は、ここまでのプレミアリーグ29試合で32失点を喫しているクラブの守備を問題視しており、報道ではボルシア・ドルトムントに所属するDFダン・アクセル・ザガドゥとの契約に取り組んでいると報じられています。

 

「Duncan Castles」によれば、アーセナルは、ザガドゥの契約が残り12ヶ月を切っているので、来年にフリーで獲得することもできるといいますが、そうなったら他のクラブとの争奪戦は免れないといい、今の内に獲得したい考えだといいます。

 

ただ、夏に獲得しようとした場合、3000万ユーロほどの移籍金が必要なようで、ウーデゴールの買い取りも目指しているクラブにとって難しいところです。

 

しかし、21歳という年齢やすでに欧州舞台での豊富な経験も加味すると、マガリャンイスの理想的なパートナーになるだろうといいます。

 

なお、資金を必要としているクラブは、夏にカラム・チャンバースを放出するかもしれないとのことです。

(metro)

タイトルとURLをコピーしました