アーセナルとスパーズがレアル・マドリーMFに興味

アーセナル

アーセナルとスパーズがマドリーMFに興味

「The Mirror」によると、レアル・マドリーとの新契約を拒否したルーカス・バスケスに対して、アーセナルとトッテナムが興味を示している模様です。彼はシーズン終了後にフリーで獲得することができます。

 

「Caughtoffside」は、バスケスのことをテクニックは他のマドリーの選手よりも優れていないといいますが、彼のハードワークは決してチームを失望させないと述べ、両チームにとって非常に興味深い選択肢になるだろうとのこと。

 

また、右サイドバックでもプレーが可能なバスケスは、モウリーニョ監督やアルテタ監督が望むような特徴を兼ね備えているといい、マドリーで200試合以上に出場し、3度のCL制覇に貢献した豊富な経験値は、チームにとって非常に頼りになるだろうといいます。

(Caughtoffside)

アーセナル再びドイツ代表MFに興味⁉

ミケル・アルテタ監督率いるアーセナルは、ウーデゴールを維持することを優先しているといいますが、もし維持できなかった場合の代わりとして、再びドルトムントMFのユリアン・ブラントに興味を示している模様です。ドルトムント側は、彼のことを2100万ポンドほどで放出する可能性があるとのこと。

 

また、ウーデゴールだけでなく、ダニ・セバージョスも夏にクラブを去る可能性があるアーセナルにとって、ブラントのような幅広いエリアでのプレーが可能な選手は非常に魅力的であるといいます。

 

現在24歳という若さから考えても、2100万ポンドという金額はお手頃価格ともいえ、クラブにとって、この夏最も注目すべき選手の1人であると述べています。

(Caughtoffside)

タイトルとURLをコピーしました