アーセナルがインテルのハキミに興味

アーセナル

ゲンドゥージの未来は?

現在のアーセナルは、ブライトンのランプティとライプツィヒのコナテに注目していると伝えられており、さらに「Sport Witness」は、いまだにリヨンのアウアーにも注目していると主張しています。

 

そんなアーセナルですが、クラブの財政には余裕がない為、何人かを売ることを考えているといい、その中の1人にゲンドゥージが含まれている模様です。

 

ゲンドゥージ自身は、クラブに戻ることも視野に入れているとのことですが、アルテタ監督はすでに放出することを決定し、彼にも伝えたとのこと。

 

去年の夏に、彼に対して3000万ポンドの値札を付けたアーセナルですが、500万ポンドを値下げした2500万ポンドの範囲内ならどんなオファーも受けるつもりだといいます。

 

なお、ヘルタ・ベルリン側はゲンドゥージの買い取りについて、シーズンが終わるまで決定しないと主張しています。

(football.london)

アーセナルがインテルのハキミに興味

右サイドバックの補強を目指しているアーセナルは、ブライトンのランプティに注目しているといいますが、「The Telegraph」によると、インテルのハキミにも注目している模様です。なお、ハキミに対してはチェルシーも興味を示しています。

 

ハキミは去年の夏にレアル・マドリードから3400万ポンドで加入し、6得点4アシストをマークするなど、ヨーロッパで最高のウイングバックとして活躍しています。

 

アーセナルは、ベジェリンの退団に備えてハキミに注目しており、ベジェリンはパリ・サンジェルマンへの移籍がだんだんと現実味を帯びてきています。

 

なお、4000万ポンドが必要といわれるハキミに対して、クラブは資金を調達するため、ベジェリンだけでなく、メイトランド・ナイルズの放出も検討しているといいます。

(fresharsenal)

タイトルとURLをコピーしました