ラカゼットの代わりにアーセナルが狙うのは

まとめ

スパーズがD・ヘンダーソンに興味か

Duncan Castlesによると、マンチェスター・ユナイテッドがこの夏、GKのディーン・ヘンダーソンを放出することをいとわないかもしれないと主張し、現在の彼にはトッテナムが興味を示しているとのこと。

 

「Sky Sports」も先月、ポチェッティーノ監督率いるパリ・サンジェルマンがウーゴ・ロリス獲得を望んでいるといい、もしそれが実現した場合、スパーズは代わりとしてディーン・ヘンダーソンに注目していると主張しています。

 

レポートによると、D・ヘンダーソンは、このままデ・ヘアの控えGKとして来シーズンも過ごすつもりはない模様で、状況が変化しない場合は退団も考えているとのこと。

 

贅沢な悩みを持ったスールシャール監督ですが、デ・ヘアを放出するつもりはない模様で、すでにヘンダーソンの退団に備えて別のGKを探していると伝えられています。

 

なお、ディーン・ヘンダーソンにはトッテナムの他にもチェルシーやウェストハムなどが興味を示しているとのことで、一方のスパーズは財政の厳しさから、まずはロリスの残留が最優先だといいます。

(spurs-web)

ラカゼットの代わりにアーセナルが狙うのは

レポートによると、アーセナルのラカゼットの代理人が、選手をバルセロナとユベントスに逆オファーしたとのこと。

 

2022年の6月にクラブと契約が切れるラカゼットに対し、ミケル・アルテタ監督は

「彼は我々と契約を結んでいる。彼は先週本当によくプレーした。それはまさに我々が要求しているものだ。

私は彼に本当に満足している。契約についての話し合いはそろそろ行われる。何が起こるかを見てみよう。」

と主張していましたが、「Calcio Mercato」によると、ラカゼットの代理人はすでに移籍に取り組んでおり、バルセロナとユベントスに選手を逆オファーしている模様です。

 

そしてアーセナルも、退団に備えてフランクフルトで活躍するアンドレ・シルバに注目している模様です。アンドレ・シルバは今シーズンのブンデスリーガ21試合に出場し19得点を決めています。

 

なお、ラカゼットに対してはその他にもアトレティコ・マドリー、ローマ、モナコが興味を示しているとのことです。

(teamtalk)

タイトルとURLをコピーしました