マンチェスター勢やバイエルンらが狙う逸材にチェルシーも興味

まとめ

マンチェスター勢などが狙う16歳の逸材

「The Sun」によると、チェルシーはトロントFCのヤーキール・マーシャル=ルッティ争奪戦に参加する模様です。この選手は、チェルシー以外にもマンチェスター勢、バイエルン・ミュンヘン、ユベントスも注目しているという逸材の選手です。

 

「astamfordbridgetoofar」によれば、マーシャル=ルッティが、チェルシーのトップチームにすぐさま影響を与えるにはまだ若すぎるとしていますが、クラブのアカデミー選手の繁栄を考えると、チェルシーへの移籍はぴったりであると述べています。

 

近年でいうと、メイソン・マウントやタミー・エイブラハム、ビリー・ギルモアなどがアカデミーから昇格しています。

 

また、クラブが彼を獲得するには非常に多くのクラブが興味を持っているので、迅速に取引を行う必要があることも説明しています。

(astamfordbridgetoofar)

モナコがラカゼットに興味

アレクサンドル・ラカゼットはこの夏にクラブを離れる可能性があり、最新の情報ではモナコが注目している模様です。

 

2022年まで契約が残っているラカゼットに対し、アルテタ監督は契約延長について話し合うかもしれないと語っていますが、今のところラカゼットの将来は不透明なままです。

 

なお、今シーズンのラカゼットは公式戦29試合で10得点を決めており、通算では165試合58得点を記録しています。

タイトルとURLをコピーしました