ウィリアン:チェルシーへの未練を語る

まとめ

ユナイテッド:CB巡りレアルからリード?

「Defensa Central」によると、マンチェスター・ユナイテッドは、ジューレ・クンデ争奪戦において、レアル・マドリードよりも有利な状況にある模様です。

 

レアル・マドリードもクンデ獲得に必死であるといいますが、セビージャ側は一切値下げをするつもりがないというので、およそ8000万ユーロほどが必要といわれるクンデの移籍金を準備することが難しいようです。

 

一方でマンチェスター・ユナイテッドは、フィル・ジョーンズとエリック・バイリーの去就も不透明であり、夏の移籍市場で放出するとなると、いよいよスールシャール監督はクンデ獲得に本腰を入れるかもしれません。

(dailystar)

ウィリアン:チェルシーへの未練を語る

続いてはウィリアンのNews。

今シーズンからアーセナルに所属するウィリアンは当初、前所属のチェルシーに残ることを希望していた模様です。

 

7年間所属したチェルシーで数々のタイトル獲得に貢献したウィリアンは、クラブに3年間の契約延長を求めたといいますが、クラブ側からは2年間のオファーしかされなかった為、3年間の契約を持ち掛けてきたアーセナルに移籍したと語っています。

ウィリアン

「両クラブ間の競争は非常に大きいから、この決断を下すのはとても困難だった。妻と代理人とは何度も話したよ。

私は扉をオープンにしていて、誰もが条件を知っていた。本当に残りたかったんだ。

結局合意することはなかった。チェルシーがオファーしてきたのは2年間だったんだ。だから去った。」

(justarsenal)

タイトルとURLをコピーしました