アーセナルスカウト:プレミアで絶好調のMFを逃していた

まとめ

ユナイテッドとインテルがトレード⁉

インテルは、マンチェスター・ユナイテッドのDFアレックス・テレスに興味を示しているとのこと。今シーズンから加わるテレスは、今のところルーク・ショーのスタメン競争に負けています。

 

「Inter Live」によると、ユナイテッドはアレックス・テレスを差し出して、インテルに所属するマルセロ・ブロゾビッチをトレードとして求める可能性があるといいます。

 

インテルの重要選手の1人であるブロゾビッチですが、2022年に契約が切れ、もしもこのまま契約を延長しない場合、クラブは夏にも現金化する必要があるかもしれません。

 

そして、それはテレスとブロゾビッチに興味を示す両クラブのトレード移籍が実現するかもしれないといいます。

 

ブロゾビッチには約3000万ユーロの価値が、アレックス・テレスには約2000万ユーロの値段がかかると「Inter Live」は述べており、この取引はインテル側に適しているといいます。

 

なお、アレックス・テレスは2024年まで契約期間があり、1年間の延長オプションもついているとのことです。

(teamtalk)

スカウトがプレミア絶好調のMFを逃していた

アーセナルのスカウトは、今シーズンのウェストハムで抜群の輝きを見せるトマシュ・ソーチェクの獲得を逃し、批判されている模様です。

 

昨シーズン1900万ポンドでウェストハムに加わったソーチェクは、MFながらここまでプレミアリーグで8得点を決めており、クラブの4位という暫定順位に大きく貢献しています。

 

そんな絶好調の彼ですが、クリス・サットン氏によると、アーセナルが逃した選手であると考えているようです。

クリス・サットン

「デイビッド・モイーズとウェストハムは、他のどのプレミアリーグのクラブよりも目が優れていた。そしてアーセナルのスカウト陣は眠っていた。それは事実だ。」

 

結局アーセナルは、夏にアトレティコ・マドリードからトーマス・パーティを獲得し、彼も素晴らしいパフォーマンスを披露していますが、パーティの度重なる負傷離脱がクラブにとって問題だと「justarsenal」は指摘しています。

(justarsenal)

タイトルとURLをコピーしました