アルテタ監督:ウーデゴール買い取りについて

まとめ

ユベントスがデ・ヘアに興味

報道によると、イタリアのユベントスがマンチェスター・ユナイテッドの守護神ダビド・デ・ヘアとの契約を考えているとのこと。

 

デ・ヘアは世界でも最も優れたゴールキーパーの1人ですが、近年はミスが目立ち、さらにディーン・ヘンダーソンの存在もあって、自身の立場が危うい状況です。

 

「juvefc」によると、来シーズンからヘンダーソンがユナイテッドの正GKを引き継ぐ可能性があるといい、デ・ヘアは新チームを探すかもしれないといいます。

 

彼には現在、ユベントスの他にモナコ、PSG、バイエルン・ミュンヘンも興味を示しているといわれ、その中でもユベントスがチームのさらなる改善のために獲得を検討しているといいます。

(juvefc)

アルテタ監督:ウーデゴール買い取りについて

アーセナルのミケル・アルテタ監督は、現在ローンでクラブに在籍するウーデゴールの買い取りについてコメントしています。

 

「The Mail」のレポートによると、クラブはウーデゴールの買い取りを検討しており、アルテタ監督は夏に会談する予定であると述べたとのこと。

アルテタ監督

「彼はヤングリーダーだ。ピッチ内で、多くのキャラクターと知性を示している。

彼は迅速に適応しているし、チームへの彼の重みは毎週増加している。

我々は、彼が持っているすべてをチームにもたらすために、一緒のこの時間を最大限に活用する必要がある。

シーズンの終わりに、そのリレーションシップを決定する。現時点でそれは、我々だけに依存しているわけではない。」

 

あくまで最終的な決定はレアル・マドリードにあるといい、そもそも出場機会を求めて加入したウーデゴールですが、来シーズン以降はトニ・クロースやルカ・モドリッチの年齢を考えると、マドリーでの出場機会が増えると予想されるので、買い取りはそう簡単には実現しないかもしれません。

(the4thofficial)

タイトルとURLをコピーしました