ボーンマス期待の16歳FW獲得に向けアーセナルがリード

まとめ

マンチェスター勢が狙うセルビア代表DF

マンチェスター・ユナイテッドはリンデロフとバイリーに納得しておらず、タイトルを獲るためには、より優れたマグワイアのパートナーを獲得する必要があると感じているそう。

 

そんな中、「The Express」からの報告によると、クラブはフィオレンティーナ所属のニコラ・ミレンコビッチに興味を示しているといいます。セルビア代表の23歳は、今シーズンのセリエAで印象的なパフォーマンスを披露しています。

 

彼は2022年の夏までとなっている契約を今のところ更新する予定がないというので、フィオレンティーナ側は今年の夏に3000万ポンド程のオファーがあれば売るだろうとのこと。

 

一方で、マンチェスター・シティも昨年の夏にナタン・アケとルベン・ディアスを獲得していますが、ミレンコビッチに注目していると伝えられています。

(caughtoffside)

アーセナルがバーチャル獲得にリード

ハダースフィールド戦で初出場を果たし、ボーンマス史上3番目の若さでリーグ戦に出場した期待の新星FWアジャニ・バーチャル(16)ですが、どうやらクラブが提示した新契約を拒否した模様です。「The Sun」が伝えています。

 

この報道は、彼がクラブから去ることを意味しているといい、現在彼の契約を巡ってアーセナルがリードしていると同紙は主張しています。

 

ウィンガーとしてプレーするこの選手には、多くのプレミアリーグのクラブが興味を示しているといい、現在アーセナルが列の先頭に立っているとのこと。

 

「The Sun」によると、夏の移籍期間でコストの削減を余儀なくされているアーセナルにとって、彼を獲得することは高い移籍金を払う必要もないので、ローリスクハイリターンだと説明しています。

(GIVEMESPORT)

タイトルとURLをコピーしました