アルテタが電話をかけた時ウーデゴールは考えを変えた。

アーセナル

アーセナルは、今月レアル・マドリードに所属するMFマルティン・ウーデゴール獲得を目指しており、レアル・マドリードも土曜日のアラベス戦メンバーから彼を外したので、かなり近づいているかもしれないとのこと。

 

ウーデゴールは、昨シーズンにレンタルで所属したレアル・ソシエダとも関連していましたが、ラ・レアルの監督イマノル・アルグアシル監督は「ウーデゴールがここに戻る可能性は存在しない」と復帰について否定しました。

 

また、Fabrizio Romano氏によると、「レアル・ソシエダとウーデゴールは親密だったが、アーセナルがレースに参加し、アルテタ監督が彼に電話をかけたとき、ウーデゴールは自身の考えを一変した」と述べています。。

 

これは国外への放出を希望していたというレアル・マドリードにとっても好都合であり、昨シーズンのマドリーは、ウーデゴールの得点によってコパ・デル・レイに敗れています。

 

また、Romano氏によると、加入はすでに決定しており、単純なローン契約を求めているレアル・マドリードと合意に達するために連絡を取り合っているとのこと。

タイトルとURLをコピーしました