スコールズが古巣に獲得を推薦する20歳DF。等

まとめ

スコールズが古巣に20歳DF獲得を推薦

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドMFポール・スコールズは、現在クラブがプレミアリーグ1位にいるにもかかわらず、ディフェンスにまだいくつかの懸念があることを指摘しています。

 

ユナイテッドは今日、首位決戦となるリバプール戦を控えており、今夜の試合を制した者が今シーズンの王者になる可能性があります。

 

その試合が行われる前に、スコールズはクラブの守備面の改善を求め、ハリー・マグワイアのパートナーを獲得する必要があると「ESPN」に語っています。

(ポール・スコールズ)

エリック・バイリーはペースがあるが、彼はあまりに怪我が多い。リンデロフはオレ(スールシャール)がよく起用しているが、完全なプレイヤーではない。

 

さらにスコールズは、クラブが補強すべき選手を名指しで挙げており、彼がクラブの守備を改善するだろうと述べています。

もし私がオレで今月ディフェンダーと契約できたら、レスターのウェスレイ・フォファナに行く。彼はまだ20歳だが、とても卓越している。

 

フォファナは今シーズン12試合に出場し、自身の価値を証明しています。また、それほど獲得にお金もかからないだろうとされています。

(Red Rants)

 

アグエロ契約延長も年俸激減か

セルヒオ・アグエロは、マンチェスター・シティから1年間の契約延長を提示される予定ですが、現在の給料の約半分になる可能性があるとのこと。

 

6月に契約満了を迎えるアグエロには現在、ポチェッティーノ率いるパリ・サンジェルマンが興味を示しているとの報道があります。

 

「Daily Star」によると、アグエロ自身は延長に熱心ですが、シティは現在の給料の約半分での契約延長をオファーする可能性が高いといいます。

 

さらに、現在シティが興味を示しているリオネル・メッシ獲得に関しても、アグエロの存在が大きく影響するだろうと述べています。

(Sports Illustrated)

アーセナル、夏にソロモンにオファーか

12月にマノル・ソロモンに興味を示し、リーズ・ユナイテッドとのレースに加わったアーセナルですが、1月の期間ではオファーをしない模様です。

 

現在のアーセナルは、クラブが抱えている選手たちをシフトできない限り、1月はお金がないため、夏でのソロモン獲得を計画しているとのこと。

 

クラブと2023年まで契約を結んでいるソロモンは今シーズン、左ウイングで17試合5得点1アシストを記録しています。

 

一方、「The Guardian」によると、アーセナルはすでにマノル・ソロモンとの最初の交渉を行っていると主張しています。

(dailycannon.com)

失望から一転?フラムがルックマン買い取りへ

「the Sun」によると、フラムが現在ローンで加わっているアデモラ・ルックマンの買い取りを計画しているとのこと。その場合、保有元のライプツィヒに1500万ポンド支払う必要があります。

 

フラムのスコット・パーカー監督は先週、ルックマンを買い取ることを考えているとほのめかしています。

 

ルックマンは今シーズン、PKをパネンカで蹴って外したことでパーカー監督から怒りを買いましたが、その後はシェフィールド・ユナイテッド戦やレスター・シティ戦でゴールを決めるなど、クラブの重要な選手として活躍し、ここまで2得点3アシストを記録しています。

 

この買取りが実現すれば、ライプツィヒがルックマン獲得の際にエバートンに支払った額のほぼ満額を回収することになります。

(HammyEnd.com)

タイトルとURLをコピーしました