【アーセナル注目情報】ソロモン、エドゥアール、ヴィニ等

アーセナル

マノル・ソロモンと交渉中?

報道によると、アーセナルはシャフタール・ドネツクのウィンガーであるマノル・ソロモンと交渉中であるとのこと。現在21歳のソロモンは今シーズン、17試合で5得点と素晴らしい成績を残しています。

 

主に左サイドを主戦場とするソロモンは、右サイドでも前目のMFとしてもプレイが可能です。「Guardian」によれば、アーセナルは1年以上にわたってソロモンをスカウトしており、夏での獲得を目指しているとのこと。

 

彼の代理人もイスラエルのインタビューで、選手がシーズンの終わりにシャフタールを離れる可能性が高いことを示唆しています。

 

今のアーセナルの優先ターゲットは、ノリッジのエミリアーノ・ブエンディアといわれていますが、ノリッジは同選手に対し、約4000万ポンドを求めてるとのこと。

(Metro.co.uk)

 

オドソン・エドゥアールにレスターも興味

アーセナルは夏にエドゥアールに興味を示していましたが、その際はセルティックが4000万ポンドを提示してきたので、破談に終わっています。

 

しかし、キーラン・ティアニーと同じステラ―グループが、彼の代理人になったことで、ここ数週間で再び注目されています。

 

ですが、「Daily Mail」によると、アーセナルはエドゥアールの契約を争い、レスター・シティとの激しい競争に直面するだろうと述べています。

 

レスターは、FWのイスラム・スリマニがリヨンに加入間近といわれており、今月新たなFWを必要としています。

 

さらにセルティック側も、当初4000万ポンド求めていた彼の価格を一気に1500万ポンド下げた2500万ポンドの範囲でのオファーを受け入れる用意があるとのこと。

 

セルティックの監督ニール・レノンは11月にエドゥアールの将来について確信が持てないことをほのめかしています。

(ニール・レノン監督)

彼は人間で22歳とまだ若く、多くの関心や憶測があった。

それがパフォーマンスに影響を与えたことは間違いない。

彼が[フランスユース代表から]戻ってきたら話し合いをする。うまくいけば彼は、最高の状態で帰ってくる。

我々は彼が何ができるかを理解しており、最近のパフォーマンスがそれほど良くなかった理由を承知している。

(Express.co.uk)

イヴ・ビスマはアーセナルを好む

「ESPN」によると、リバプールが現在ブライトンで活躍するMFイヴ・ビスマを気に入っており、今シーズンで契約が切れるワイナルドゥムがもし去った場合、代わりの選手として獲得を考えているとのこと。ビスマ獲得にかかる費用は約3000万ポンドになるだろうといいます。

 

しかし、「Football London」は先週、ビスマがアーセナルのファンであり、そのアーセナルもビスマを望んでいることを述べました。

 

今のリバプールの希望は、アーセナルがまだブライトンと取引をしていないこと。「Football London」によれば、アーセナルは攻撃的なMFを優先しているので、夏までビスマを獲得するつもりはないといいます。

 

一方でリバプールも、ワイナルドゥムの去就がまだ決まっていないので、夏までオファーをかけないだろうといわれています。

(Rousing The Kop)

ヴィニシウスJr.

アーセナルは、レアル・マドリードからローンで、ヴィニシウス・ジュニオール獲得に興味を持っているとのこと。

 

ヴィニシウスはレアル・マドリードで完全にチャンスを失い、ジダン監督は一貫性のない彼のパフォーマンスに不満を抱いているといいます。

 

ヴィニシウスは、別に怪我をしているわけではないですが、クラブの最後の5試合でわずか21分しかプレーしていません。

 

「Defensa Central」は、ヴィニシウスがアザール、ルーカス・バスケス、マルコ・アセンシオなどのバックアップであることを認め、去らなければいけないことを主張しています。

 

そして、少し前にアーセナルの噂があったヴィニシウスに、再びレアルが準備していると報告しています。

 

アーセナルはウィリアンやぺぺなどが、いまだ苦労しており、マルティネッリやサカなどの若い選手が活躍しています。そしてヴィニシウスは同レベルのエネルギーをチームにもたらすことができるだろうといわれています。

(Just Arsenal News)

タイトルとURLをコピーしました