【プレミア注目移籍情報】アグエロ、ディアロ、レキクなど

まとめ

イングランドプレミアリーグの注目移籍情報をまとめました。

去就が注目されているアルゼンチン代表FWのセルヒオ・アグエロのゴシップや、加入が決定した選手たちの情報をまとめています。それではどうぞ。

マンチェスター・シティ

PSGがアグエロに興味

「Canal+」とのインタビューで、代理人のサテンは、現在PSGの監督を務めるポチェッティーノ監督が、アグエロ獲得に熱心であることを主張しました。

 

アグエロの現在の契約は、シーズンの終わりに期限が切れ、シティはまだ延長について話し合っていません。

 

現在32歳の彼は、プレミアリーグに残りたいと思っているといいますが、海外クラブと自由に事前契約を交わすことができます。

 

アグエロは、2011年にアトレティコ・マドリードから加入して以来、シティでレジェンド級の活躍を披露し、クラブが10個の主要タイトルを獲得するのに、379試合で256得点を記録しています。

 

しかし、怪我の影響で今シーズンは、わずか5試合の出場にとどまっており、新契約についても微妙な状況です。

 

アグエロ本人はシティに残ることに熱心であるといいますが、ポチェッティーノ監督はプレミアリーグ時代から同胞のアグエロを気に入っており、獲得を熱望しているといいます。

(Sportslens.com)

 

マンチェスター・ユナイテッド

アマド・ディアロは冬に加入へ!

夏にアタランタから獲得に成功したアマド・ディアロに関して、アタランタ側はシーズン終了までチームに維持したいという考えでしたが、冬にユナイテッドに加わることになりました。Fabrizio Romano氏が発言しています。

アタランタはシーズンの終わりまで彼を維持しようとしていました。

アタランタの取締役会は先週アマド・トラオレと会談し、彼の答えは明白でした。

「すべてに感謝します、私はアタランタが大好きです、しかしマンチェスター・ユナイテッドに行く時間です」。彼は加わります。

 

この直後にクラブの公式もアマド・ディアロが正式に加入することを発表しています。

アーセナル

最初の補強を完了!

アーセナルは、ヘルタ・ベルリンからオマル・レキクの契約を完了しました。彼は冬の移籍市場の最初の補強となりました。彼はクラブのU23カテゴリーでプレーします。

 

レキクは、夏の移籍市場でも興味を持っており、その時点では契約を完了させることはできませんでしたが、ようやくサインすることができました。

 

彼はクラブのWebサイトにこう語っています。

(オマル・レキク)

長い期間ハードワークした後に、ここにいるのは素晴らしい気分だ。気持ちいいよ。3週間前にやってきて、検疫中だったので、スタートすることが待ちきれないよ。

さらに、アーセナルに加入した理由を尋ねられたとき、彼はこう述べています。

アーセナルのようなクラブが興味を持っているとき、誰も2度考える必要はないと思う。

(Just Arsenal News)

ウェストハム

アレがアヤックスに加入間近

ウェストハムに所属するFWセバスティアン・アレは、どうやらアヤックスに加入する模様です。Fabrizio Romano氏が発言しています。

セバスティアン・アレがウェストハムからアヤックスに加入します(€25m+add)。

個人的な条件が合意され、メディカルはまもなく完了する予定です。Here we go.

 

またウェストハムは、現在ポルトにローン移籍しているフェリペ・アンデルソンの将来についても間もなく決定する予定だといいます。

タイトルとURLをコピーしました