エジルの退団ついに迫る?等

アーセナル

メスト・エジルの退団ついに迫る?

メスト・エジルはMLSのDCユナイテッドと交渉中であり、ついに去る可能性があるとのこと。元ドイツ代表のプレイメイカーは、3月以来出場していません。

 

現在32歳のメスト・エジルは、週に35万ポンドを稼いでおり、今年の夏に契約が終わるまではチームに残ると常に主張しています。

 

そんな中、「Football London」によると、DCユナイテッドとの交渉が、エジル退団について希望の光を与えられたと報告しています。巨額の給料に加え、MLS側は彼のM10ブランドをアメリカで拡大することを申し出たとのこと。

 

ワシントンを拠点とするクラブは、ウェイン・ルーニーの退団以降、クラブの看板選手を欠いており、今後はエジルをチームの顔にするつもりだとか。

 

アルテタ監督は最近、エジルが今月アーセナルに戻ることができるかどうか尋ねられ、「移籍市場で何が起こるかを見て、その終わりに評価する」と発言。

 

つまり、1月の移籍期間で現在クラブのターゲットであるエミ・ブエンディアとユリアン・ブラントを獲得できなければ、エジルは残留を余儀なくされる可能性があるといい、夏の契約が切れてからDCユナイテッドや他クラブに移るだろうとのこと。

(Metro.co.uk)

 

ジェノアがソクラティスの獲得近づく

ジェノアはディフェンダーの強化のために動いており、ソクラティス・パパスタソプーロスの獲得に近づいているとのこと。

 

ギリシャ代表DFのソクラティスは、フェネルバフチェのオファーを待っているといいますが、ジェノアを優先するだろうとのこと。

 

過去数日間にムスタフィとソクラティスにアプローチを行っているジェノアは、トルコのクラブのオファーに一致するオプションが与えられるため、最終決定権を持つことになります。

 

現在32歳のソクラティスに2年半の契約を提供する準備ができており、彼は今後数年間のディフェンスの柱となるでしょう。そのため、イタリアのクラブは契約が成立すると確信しています。

(Gianluca di Marzio)

加入先で才能見せるDF:ローン延長完了

アーセナル所属のダニエル・バラードはブラックプールFCとシーズン終了までのローン延長を結びました。

 

アーセナルの若手DFは、ウィリアム・サリバの状況を見て、どれほどトップチームに上がるのが難しいかを理解しているでしょう。したがって、これは彼にとって良い選択のように見えます。

 

現在21歳のダニエル・バラードは昨シーズン、スウィンドンタウンにローンで加入し、7試合に出場しています。

 

彼のローン延長は、チームが彼を信頼していることを示唆しているので、シーズン後半も定期的なレギュラーとして地位を確立することができるはず。

 

彼の年齢では、アーセナルで自身を証明する機会が得られない可能性がありますが、彼の優れたパフォーマンスは、今後のキャリアに役立つ可能性があります。

(CaughtOffside)

ロマーノ氏もソクラティスについてコメント

コメンテーターとして絶大的な信頼を誇るFabrizio Romano氏も自身のSNSで、ソクラティスについて発言しています。どうやら退団は決定的だそうです。

アーセナルは、サリバとコラシナツの次に選手を売るために動いています。

ジェノアはソクラティス・パパスタソプーロスを求めています。

メスト・エジルもできるだけ早く販売したいと思っています。

 

ソクラティス・パパスタソプーロスはまもなく次の目的地を決定するでしょう。

ジェノアとフェネルバフチェの両クラブが彼を求めています。

彼は次の週にアーセナルを去ります。

タイトルとURLをコピーしました