ロマーノ氏BIG6情報:サンチョ、デブライネ、ブエンディア等

まとめ

Twitterで約230万のフォロワーを持つ有名スポーツジャーナリストのFabrizio Romano氏が、ここ数日間で取り上げたニュースをまとめてみました。デ・ブライネやジェイドン・サンチョなど、スパーズ以外のBIG5の情報まとめです。それではどうぞ。

リバプール

スヴェン・ボットマン

DFの補強が急ぎで必要なリバプールが興味を示しているリール所属の20歳DFスヴェン・ボットマンですが、まだ交渉はしていないようです。

リバプールは、スヴェン・ボットマンに関するリールとの公式な交渉を始めていません。

オランダ出身のセンターバックはスカウトされており、真の才能とみなされていますが、現時点では何も進んでいません。

スヴェン・ボットマンは今シーズンの公式戦で23試合に出場し、1得点を記録しています。

 

マンチェスター・シティ

ケヴィン・デ・ブライネの新契約

マンチェスター・シティとデ・ブライネの気になる新契約について、問題なく契約延長をするだろうとのこと。

マンチェスター・シティとケヴィン・デ・ブライネの新契約に関する交渉は正しい方向に進んでいます。

クラブ関係者は、合意が「とても終わりに近い」ということです。

 

エリック・ガルシアはバルセロナ決定的

スペイン代表DFのエリック・ガルシアは、古巣のバルセロナへの復帰が濃厚とされていましたが、どうやらもう合意しているようです。

バルセロナはエリック・ガルシアと2021年にサインすることで完全に合意しています。彼はバルサの選手になります。

エリックは来年の夏にフリーエージェントとして加わる予定です。

なお、今月にバルサに加わることもできるといいますが、バルサ側は交渉する必要があるとのこと。

マンチェスター・ユナイテッド

ジェイドン・サンチョがついに⁉

度々噂となるドルトムント所属のジェイドン・サンチョに関して、CEOのヴァツケが確認したとのこと。

ボルシア・ドルトムントのCEOヴァツケは、ジェイドン・サンチョが今年の夏にマンチェスター・ユナイテッドに「移籍する準備ができている」ことを確認した。個人的な条件が合意されました。

ジェイドンは1月には動きません。このレースは夏に行われ、ユナイテッドが関与することが期待されます。

すぐにではなさそうですが、ようやく念願の大物ターゲット獲得が決まりそうです。

 

アマド・トラオレの加入について

夏にアタランタから獲得したアマド・トラオレについて、アタランタ監督のガスペリーニは、シーズン終了までのローンを望んでいるようですが難しいようです。おそらく今月マンチェスター・ユナイテッドに加わることになりそうです。

アタランタの監督、ジャン・ピエロ・ガスペリーニがアマド・トラオレについてSky Sportに「マンチェスター・ユナイテッドが1月にクラブに加わることを望んでいるので、シーズン終了までディアロを維持することは難しい。アマドはパスポートも受け取っている」。

先日ローマに向かっていると伝えられたアマド・ディアロは、書類すべてが完了すると、マンチェスターに向かうだろうといわれています。

 

チェルシー

ランパード監督の首、危うし?

過去6試合で1勝1分4敗と不調なチェルシーに対してランパード監督がコメントしています。

(フランク・ランパード)

簡単なシチュエーションではないが、我々は戦い続けなければいけない。そして私は戦い続けなければならないチームの先頭に立つ人。

クラブの取締役会は、過去数週間、常にランパード監督を支持しているといいますが、シティ戦の結果に失望しているとのこと。

アーセナル

エミ・ブエンディア

ノリッジ・シティに所属するエミリアーノ・ブエンディアに対してアーセナルは、選手の放出に応じて交渉を開始するだろうとのこと。

エミリアーノ・ブエンディアは、アーセナルリストの選択肢の一つです。クラブは現在、選手の売却やローンに焦点を合わせており(コラシナツ後のエジルとソクラティス)、その後、彼らは新しい取引を開始します。

なお、ノリッジとの公式な交渉はまだ始まっていないといいます。

 

クリスティアン・エリクセン

アーセナルやウェストハムが狙っているといわれるインテルのクリスティアン・エリクセンはまだどこからもオファーを受け取っていない模様。

インテルは現時点で公式なオファーを受け取っていません。インテルは彼をすぐに売りたいと思っており、いくつかのオファーを受け取ることを望んでいます。

タイトルとURLをコピーしました