来夏フリーとなるラカゼットの交渉にアルテタは。等

アーセナル

最近好調なラカゼットの交渉、ベルント・レノのバックアッパー問題、興味を示していたシャルケの20歳MFの去就、そしてスミス・ロウの躍進に対するアルテタ監督のコメントについてアーセナルの記事をまとめました。それではどうぞ。

来夏フリーとなるラカゼットの交渉について

アルテタ監督は、シーズン終了後の夏にクラブでラカゼットの将来について話し合うと言ったそう。

 

フランス人FWとの契約は2022年の夏までとなっており、彼が延長にサインしなければ、あと1年でフリーエージェントとなります。

 

アーセナルとアルテタ監督は、その状況を理解しており、今シーズンの終わりに彼の将来について話し合う予定だといいます。

 

(ミケル・アルテタ)

我々は夏に話し合い、それから決定を下す。彼の契約について(今)話していない。

彼はゴールを決め、現時点でエネルギーも持っているからパフォーマンスに満足している。今を続ける必要があるね。

 

現在29歳のラカゼットは、チームの復活の鍵となっており、過去4試合で5得点を決めています。

(London Evening Standard)

 

アーセナル、リーズ、パレスが望むQPRのGK

アーセナル、リーズ、クリスタル・パレスは、QPRで高評価のGKセニー・ディエンに注目しているとのこと。

 

セニー・ディエンは今シーズンQPRナンバーワンGKとして地位を確立し、プレミアリーグの3クラブはチームのGKに競争させるためにこのポジションの補強を考えているといいます。

 

これらの3クラブはいずれも夏にGKを補強しています。アーセナルはルナルソンにサインし、パレスはジャック・バートランドを加えました。

 

しかし前者は、マンチェスター・シティ戦で致命的なミスをし、後者は好調グアイタの間に割って入ることができず、1分間もプレーしていません。

 

リーズはイラン・メリエを獲得し、彼は今シーズンプレミアリーグの17試合すべてに出場しています。しかし、ビエルサ監督はリーグで2番目に多い得点を記録しているクラブの守備を補強したいよう。

 

そして今、3クラブすべてが今月、ディエンを最大の目標として補強することに熱心だといいます。

(thesun.co.uk)

 

興味示したシャルケMF:ローンでストークへ

報道によれば、アーセナルが興味を示したシャルケ所属のラビ・マトンドは、シーズンの残り半分ストーク・シティに加わる模様。

 

ウェールズ代表のマトンドは、2019年1月にマンチェスター・シティからシャルケに加入して以来、大きな話題を読んでいる人物です。

 

彼は昨シーズン、アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドから注目されており、ユナイテッドに関しては一時ジェイドン・サンチョの代わりとして獲得を検討しているとの報道もありました。

 

結局どちらも獲得しませんでしたが、それ以来マトンドが所属するシャルケは最悪なシーズンを迎えており、彼自身も6月以来ゴールがありません。

 

そんなマトンドが今、イギリスで新たなスタートを切ろうとしています。しかし、プレミアリーグではなく2部です。

 

プレミアリーグのクラブに彼を求めるクラブがいたかもしれませんが、ストーク・シティが急いでサインをこじつけたとのこと。この取引は来週発表される可能性もあると主張しています。

 

彼自身もイギリスに戻る準備ができているようです。でも現在の彼は数か月前に皆が想像していたレベルではありません。

(teamtalk.com)

スミス・ロウ躍進でイスコ獲得はなし?

エミール・スミス・ロウは、ウェストブロム、チェルシー、ブライトンの勝利に貢献し、ここ数週間で非常に注目を浴びています。つまりこれは、イスコの獲得は必要ないのでは。となっている模様です。

 

どうやらアーセナルはイスコの獲得はしないようです。それは20歳のスミス・ロウに感銘を受けたからだとのこと。

 

アルテタ監督はイスコのビッグサポーターであり、獲得に熱心だったといいますが、「AS」によれば、スミス・ロウの出現後、それが不必要になったと主張しています。

 

アルテタ監督は、スミス・ロウが今のクラブにとって必要なタイプの選手であることをコメントしています。

(ミケル・アルテタ)

彼は私が見た最初の日から本当に好きな選手。

彼の動き、インテリジェント、ポジショニングに関してどれほど頭が良いか。それを過小評価しないでほしい。

彼のような才能で若い選手が、そのポジションにいることを嬉しく思う。それは我々が必要としていたものだからね。

(The Mirror)

タイトルとURLをコピーしました