【アーセナル移籍の噂】ブラント、クリスティー、ソクラティス

アーセナル

ユリアン・ブラント

アーセナルはクラブでいくらかの創造性を必要としています。

 

ガナーズはご存知の通り、今シーズン苦戦しており、下位に位置しています。

 

チェルシー戦、ブライトン戦の勝利で今は2連勝中ではありますが、16試合16得点という記録は、現在降格圏の3チームに加えウルブス、バーンリーの5チームに続く最悪なスタッツです。

 

「Sport Witness」はBildジャーナリストのクリスティアン・フォーク氏からのレポートを掲載。彼はアーセナルがドルトムントに所属しているユリアン・ブラントをターゲットとしていることを主張しています。

冬ではなく、夏のことかもしれないが、ブラントがアーセナルにコネクションがあることを知っている。ユースの監督であるメルテザッカーと彼は同じ代理人を持っており、彼はロンドンに来たがっている。

 

ブラントは前線でプレーできる多様な選手であり、オーバメヤンの後ろでチャンスを提供してくれます。

 

彼はドルトムントの選手として計64試合に出場し、8得点14アシストを記録。現在の市場価値は3500万ユーロと評価されています。

(GiveMeSport)

 

ライアン・クリスティー

次にアーセナルはセルティックに所属しているライアン・クリスティーに興味を持っているとのこと。

 

スコットランド代表とクラブで輝きを見せるクリスティーは、スコットランドがユーロに出場する上で重要な役割を果たした人物です。

 

現在25歳の彼は、21/22シーズンに契約最終年に突入し、これまでのところは更新することを示唆していません。これにより、多くのクラブが彼に注目しています。

 

現在噂されているのは、レスター、ニューカッスル、サウサンプトン、ブライトン、バーンリーといわれており、「90min」によると、アーセナルもアプローチを検討しているとのこと。

 

彼はこれまで狙ってきたアウアーやソボスライなどより安く獲得することが可能でさらに、ホテルの部屋のペアになるほど仲が良いというスコットランド代表キーラン・ティアニーの存在が役に立つだろうともいいます。

 

一方のセルティックは良い時期の選手を安く売る傾向がなく、現在のタイトル争いの最中に不必要な放出を避けたいと思っているので、もし1月に実現するなら期待するほど安くはならないだろうとのこと。

 

なお、クリスティーの現在の市場価値は650万ユーロとなっています。

(90min)

ソクラティス・パパスタソプーロス

最後にソクラティス・パパスタソプーロスの情報。

 

セアド・コラシナツのシャルケ移籍に続き、ソクラティス・パパスタソプーロスは、1月の移籍の可能性についてトルコのフェネルバフチェと交渉中です。

 

トルコのジャーナリスト、Ekrem Konur氏はこうツイートしています。

アーセナルはソクラティスをフリーでリリースする用意があります。フェネルバフチェの他に、イギリスとギリシャからオファーがあり、選手の代理人はアーセナルで手続きを完了しようとしています。

 

彼は故郷ギリシャのクラブからも関心を集めており、一方のアーセナルは、新加入選手分のスペースを空けるために、ソクラティスとの契約を終了しようとしています。

 

ソクラティスは夏にナポリと話し合っており、その他にサウジアラビア、カタールからの興味も報道されていましたが、結局どの移籍も実現しませんでした。そして、ガブリエウ・マガリャンイスとウィリアム・サリバの加入で彼の出場機会は絶望的となり、より多くの試合に出場するために、クラブから離れることを決意したといいます。

(The Top Flight)

タイトルとURLをコピーしました