「sportekz」発表の最も稼いでるプレミア審判とは?等

まとめ

ちょっと気になるプレミア審判のお財布事情

職場に足を踏み入れるたびに、何万人の人々から絶えず批判を受ける仕事はそうそうありません。

 

実際、そのような仕事は世界で1つだけといっても過言ではありません。そう、それが審判です。

 

現在のスタジアムの入場規制を楽しんでいるのは、おそらく彼らだけで、過去6ヶ月間非常に気持ちよくプレーしているでしょう。

 

そんな審判ですが、「sportekz」によると、20/21シーズンのプレミアリーグ審判の賃金が明らかになりました。

 

国際試合やヨーロッパの試合に選ばれた役員の場合、年間最大20万ポンドを稼ぐことができるといいます。しかもこれは、1500ポンドの試合料金に加えての金額とのこと。

 

一方、副審の基本給は年3万ポンドで、試合ごとに850ポンドを受け取っているといいます。これはビデオ副審と同じです。

 

各審判の給料の詳細はこんな感じ(基本給)。

1位:マーティン・アトキンソン、マイク・ディーン、マイケル・オリバー

£200,000(約2800万円)

 

2位:アンソニー・テイラー、ケヴィン・フレンド、クリス・カバナー、ポール・ティアニー、ジョナサン・モス、アンドレ・マリナー、スチュアート・アトウェル

£70,000(約978万円)

 

3位:グラハム・スコット、クレイグ・ポーソン、リー・メイソン他4名

£48,000(約670万円)

 

一見高いようにも見えますが、選手側にはこの額を1週間だけで稼ぐ人もいるので、その選手たちを裁く審判として納得の金額でしょう。

(GiveMeSport)

 

再びイスコに熱心のアーセナル:もしかして不要?

アーセナルは依然として、クリエイティブなMFとの契約を1月に目指しています。

 

テクニカルディレクターのエドゥと監督のミケル・アルテタは、チームの攻撃に違いを生むことができるMFを欠いていることで同意しています。

 

そして現在まで、フセム・アウアー、ユリアン・ブラント、クリスティアン・エリクセン、エミリアーノ・ブエンディアなど、多くの名前が候補として上がってきましたが、最新の情報によると、クラブはシーズン後半にイスコを連れてくることに熱心だといいます。

 

この取引が実現するなら、恐らくローン契約が濃厚とされていますが、「Athletic」は、まずクラブは最初に誰かを売らなければならないと述べており、そうしないとイスコの獲得は厳しそうです。

 

しかし、元ストライカーのケヴィン・キャンベルによると、チェルシー戦の勝利に貢献したエミール・スミス・ロウは、すでにアーセナルのミッションを完了していると述べています。

(ケヴィン・キャンベル)

アーセナルが抱える問題の1つは、創造性の欠如であり、攻撃に結びつけることができる選手はいないが、この男は楽にやっているようだ。

彼は多くのエネルギーとクオリティをもたらした。

マルティネッリとサカも同様に、これらのヤングプレイヤーたちは大きな違いを生み出している。

(Football.London)

モウリーニョが元弟子の獲得を切望

「La Razon」によれば、トッテナム・ホットスパーはジョゼ・モウリーニョの要請によりアトレティコ・マドリードとの契約が解除されたジエゴ・コスタとの契約を優先しているとのこと。

 

32歳のコスタは、チェルシー時代にモウリーニョの下でプレーしたことがあります。2013年にチェルシーに加入したコスタは、ジョゼの下でプレミアリーグを勝ち取り、17年にもコンテの下でリーグタイトルを獲得しています。

 

しかし、コンテ監督から戦力外通告を受けた後、2018年にアトレティコ・マドリードに復帰。スペインに戻った後は、怪我や体力の問題で望ましいパフォーマンスを披露することができませんでした。

 

そんな彼とアトレティコ・マドリードは、火曜日の早い段階で、契約を直ちに終了するという合意に達したと確認されました。これはコスタがフリーエージェントになったことを意味します。

 

そしてモウリーニョはかつての弟子との再会を切望していると主張しているとのこと。

 

プレミアリーグで経験豊富なコスタは、ハリー・ケインやカルロス・ヴィニシウスのカバーとして貴重な戦力です。しかし、現在32歳のコスタは年々衰退しているので、最近の状態などを考えると、ガレス・ベイルのような状況に陥る可能性も考えられます。

(To The Lane And Back)

タイトルとURLをコピーしました