ベジェリンの流出に備え、ランプティに興味。等

アーセナル

ベジェリン流出に備え、ランプティに興味

スペイン出身の右サイドバックは、来年の夏にバルセロナに復帰する可能性があるため、アーセナルはその代わりとしてタリク・ランプティに興味を持っているとのこと。

 

バルセロナの会長に立候補しているジョアン・ラポルタ氏は、ベジェリンを望んでいるといい、パリ・サンジェルマンも興味を示しているのだとか。

 

しかし、アーセナルは今シーズンブライトンで印象的なパフォーマンスを披露しているランプティを監視しており、代わりの選手の獲得の準備はできているとのこと。

 

現在20歳のランプティは、チェルシーから加入したサイドバックの選手で、将来のイングランド代表として注目を浴びています。

 

その他にはマンチェスター・シティとバイエルン・ミュンヘンも彼のことを深く監視しています。

 

一方でアーセナルも、チェルシー戦でのベジェリンを高く評価しており、アルテタ監督も残留を希望していますが、もし放出することになった場合、右サイドバックのトップターゲットはランプティになるでしょう。

(The Mirror)

 

アーセナルの「補強のよう」になる4選手

1月の移籍市場が間近に迫ってきました。アーセナルは今シーズンのここまで非常に良くない成績だったため、可能な限りチームを再編成することを検討しています。

 

しかし、チェルシー戦での勝利はポジティブであり、さらに負傷から復帰する4選手はアルテタ監督を後押ししてくれるだろうとされています。

 

1.エミール・スミス・ロウ

チェルシー戦での勝利に感銘を受けたのは、20歳のエミール・スミス・ロウでした。

アカデミーの卒業生は、これまで非常に期待されていましたが、怪我が彼の成長を妨げてきました。

しかし、アルテタ監督は彼をチームに留めておくだろうとされており、夏に20歳を迎えたスミス・ロウは、チームの4-2-3-1というフォーメーションの中で最もフィットしているように見えます。

 

2.トーマス・パーティ

トーマス・パーティはまだ数週間離脱する可能性がありますが、完全に治療から回復したとき、彼はチームの中盤として非常に強力な武器です。

グラニト・ジャカ、モハメド・エルネニー、ダニ・セバージョスらは、パーティの不在で一貫したパフォーマンスを披露しきれていません。彼はチームの他のどのMFオプションよりも素晴らしい選択肢です。

 

3.ガビ・マルティネッリ

ガビはチームに戻り、すぐに周りのプレイヤーにエネルギーを活性化させました。

アルテタ監督は彼を慎重に管理し、依存し過ぎないようにする必要がありますが、ガビは今シーズンのクラブを好転させるのに必要なすべてのものを持っています。

長い期間、離脱していたことを考えると、補強したような選手です。

 

4.ピエール=エメリク・オーバメヤン

オーバメヤンは今シーズン、点を決めるのに苦労していますが、今上げたスミス・ロウ、トーマス・パーティ、ガビ・マルティネッリらが怪我から復帰することで、よりゴール前で多くのチャンスを得ることができるはず。

(Fresh Arsenal)

ユリアン・ブラントに興味

「The Sun」のレポートによると、アーセナルは1月にドルトムント所属のユリアン・ブラントの移籍の可能性を模索しているとのこと。現在のチームは中盤に深みとクリエイティビティを加えることができる選手を探しています。

 

今月初め、ドミニク・ソボスライはRBライプツィヒに加わることを選択し、フセム・アウアーは非常に人気で獲得が困難です。

 

その結果、アーセナルは元レバークーゼンのスターに目を向けています。現在24歳の彼はドルトムントのレギュラー競争に直面しています。

 

ブラントの強みは、多様性で、さらに体力、ペース、ドリブル、テクニックも兼ね備えており、プレーエリアを完全にコントロールすることができるため、チャンスクリエイトが容易になります。守備面ではあまり機能的しませんが、彼はクラブが求めているようなタイプの選手です。

 

ユリアン・ブラントのアーセナルへの移籍は、彼が即座に地位を確立することを意味しているといい、チームの現在の状況を考えると、できるだけ早く取引が完了するべきであることも述べています。

(The 4th Official)

タイトルとURLをコピーしました