アーセナルが1月に獲得する可能性がある3選手。等

アーセナル

アーセナルが1月に獲得する可能性がある3選手

アーセナルは現時点で明らかにクリエイティビティに欠けており、シーズンの終わりまでメスト・エジルがいるにも関わらず、次の移籍市場で新しいMFの獲得を優先としています。

今現在、チームとリンクしている今後数週間にわたってサインする可能性のある3人のMFプレイヤーは、現在の課題を解決することができるだろうとされています。

 

クリスティアン・エリクセン

プレミアリーグへの復帰と強く結びついているエリクセンは、アーセナル、ウェストハム、マンチェスター・ユナイテッドのリストに載っており、トッテナムが引き戻す可能性があると主張している人もいます。

 

「ESPN」は、わずか1200万ポンドでエリクセンを獲得できると主張しており、彼のサラリーは高くなりますが、その移籍金での彼の獲得はリスクも低く、優れた契約になるだろうといいます。

 

エミ・ブエンディア

このアルゼンチン出身のプレイヤーは、ノリッジ・シティ3シーズン目でも引き続き優れたパフォーマンスを披露しています。

 

現在23歳の彼は、昨シーズン多くのアシストを記録しており、今シーズンもその形を続けています。

 

「Football London」は、ブエンディアがアーセナルの獲得リストの中に入っていると主張していますが、ノリッジ・シティがシーズン途中で彼を手放すのかどうかはまだ分かりません。

 

ファビオ・ヴィエイラ

20歳のヴィエイラは、最近ポルトのトップチームに昇格した選手で、これまで21試合で3得点を決めています。

 

しかし、21試合中16試合が途中出場であることに注意する必要があります。ポルトガルのウェブサイトでは、アーセナルがリリース条項となる2700万ポンドを支払う用意があるといい、その額は高リスクです。しかし、彼には非常に優れたポテンシャルがあります。

(tbrfootball.com)

 

ウルブスが新たなポルトガル代表獲得を検討

「Record」によれば、ウルブスがポルトガル代表FWのパウリーニョ獲得を検討しているとのこと。

 

夏にも獲得を検討していたウルブスですが、結局実現しませんでした。それにもかかわらず、エースのラウール・ヒメネスが負傷したため、再び獲得を試みるだろうとされています。

 

ラウール・ヒメネスはアーセナル戦で頭蓋骨骨折をしたので、いつチームに戻ってくるのか分かりません。

 

チームのFWには、夏に4000万ユーロで獲得したファビオ・シルバがいますが、チームは経験豊富なストライカーを必要としており、ここ数シーズン、リーガノスで活躍している男に注目しているといいます。

 

パウリーニョは、SCブラガで147試合に出場して62得点22アシストを記録し、初選出されたポルトガル代表でもアンドラ戦で2得点を決めています。

 

さらに、彼がポルトガル人であることを考えると、ポルトガルの選手が多数在籍するクラブなので、彼自身も加入するハードルはそこまで高くないでしょう。

(Media Referee)

リバプールがセルタのヤングスター獲得間近

リバプールにはすでに最高品質のプレイヤーが多数おり、さらに今シーズン大きな活躍を見せたヤングプレイヤーもいます。

 

そんなクラブですが、メディアの報道によると、CBのステファン・バジセティックの獲得を検討しているとのこと。

 

ラ・ボス・デ・ガリシアによると、現在セルタ・デ・ビーゴで7年間過ごした16歳のバジセティックはついにクラブを去ることを決意し、リバプールに加わる準備ができており、スペインのアウトレットもすぐに両クラブ間での合意は公式になるだろうと述べています。

 

ライバルであるマンチェスター・ユナイテッドも同選手の獲得に興味を持っているとのことですが、リバプールは獲得に自信があるのだとか。

 

一方「The Mail」は、リバプールへの移籍に熱心な若いDFと契約するために交渉が行われていると主張しています。

 

したがって、バジセティックがレッズに加わることはほぼ確実とみられています。

(Paisley Gates)

タイトルとURLをコピーしました